ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
03 | 2006/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔将軍
★★★☆☆
著者:岡田秀文 出版社:双葉社
定価:1890円 出版年月:2006年3月 ボリューム:389P

「かりに予が将軍となれば、あくまで予は予の姿勢を貫き通すであろうぞ。
さすれば守護大名や宿老たちが予を将軍へ推したことを後悔するであろう」
―そう言い、くじ引きで将軍の座についた六代将軍・足利義教。
“威をもって治める”を旨とし、
強い幕府、強い組織をつくるため次々と改革を断行するその姿は、
後世の指導者たちが目指すところとなった。
信長も秀吉も家康もみな、この男の真似にすぎなかった。
(amazon.co.jpより)


暗殺された季節は6月。
場所は京都西桐院通り。
暗殺した部下のイニシャルはMA。
信長と義教、二人の天魔王に共通する奇妙な符合。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

影風魔ハヤセ(1)・(2)
★★★★★
著者:森田信吾 出版社:講談社
1巻→定価:530円 出版年月:2005年9月
2巻→定価:530円 出版年月:2006年3月

信長VS.秀吉!!! 
その陰に忍者あり。
天正10年、本能寺炎上。
未だ謎に包まれているこの歴史的大事件の裏には、
ある男達の暗躍があった。
名前も姿も闇に包まれ、
忍びの者たちからもその存在を恐れられる彼らは、
玄忍者(くろしのび)と呼ばれた……。
戦国の世を舞台に、忍者VS.忍者の壮絶な戦いの幕が上がる!!
(amazon.co.jpより)


やべー、この忍者マンガ面白すぎる!!!
続きを読む

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

シグルイ(6)
★★★☆☆
著者:山口貴由(原作:南條範夫) 出版社:秋田書店
定価:550円 出版年月:2006年4月

暴虎対盲竜!
四頭の虎を血海に身悶えさせた天才剣士、
伊良子清玄の秘剣が満月の下、
万感の怨念を込めて放たれる!
迎え討つは、古今に比類なき最凶の牙、岩本虎眼!
”藤木源之助よ、見ておれ、清玄の首はわしが喰らふ”
残酷無惨時代劇、戦慄の瞬間を見届けよ!
(裏表紙より)


残酷無残、ここに極まれり。
血臭むせかえる岩本屋敷、最後まで立っていられるのは竜か虎か。
続きを読む

テーマ:漫画 - ジャンル:本・雑誌

益荒王(3)
★★★☆☆
著者:坂本眞一 出版社:集英社
定価:530円 出版年月:2006年4月

寅壱から特訓を受け、巽にリベンジを果たした大和。
晴れて益荒王獲りの一人として祭りに参加できるようになったが、
参加者の証でもある褌をめぐって思わぬトラブルが発生!!
急いで褌を交換してもらいに向かった先で試練が…!!
デカ過ぎるイチモツがここでも足を引っ張ってしまうのか…??
(裏表紙より)


リリィ、ピカイチ、謎のクールガイ・・・
猛者たち集う褌バトルロワイアル。
デカチン大和、生き残れるのか。

続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

秘剣龍牙
★★★☆☆
著者:戸部新十郎 出版社:PHP研究所(文庫版あり)
文庫(徳間)⇒定価:540円 出版年月:1999年8月 ボリューム:286P

一刀流中西門の出来物・白井亨は、
道場で一人の若者に眼をつけた。鋭い面打ち、それが何本も続く。
幼少から打ち込み稽古に専念したことがわかる。
稽古が終わり、亨は若者を呼んだ。
富樫栄というその若者は、流儀を大切にせよという亨の言葉に反発した。
流儀を大切にしたゆえ命を落とした父を思っての言葉だった。
やがて栄の許に父を討った浪人たちが現れ…(表題作)。
剣豪小説の第一人者が描く数々の秘剣。
(amazon.co.jpより)


秘剣、幻剣、炸裂。
流儀の極みに達した剣客たちのぶつかり合い、
跡に残るは・・・
続きを読む

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

柳生雨月抄
著者:荒山徹 出版社:新潮社
定価:1890円 出版年月:2006年4月 ボリューム:368P

陰陽師にして新陰流の美剣士-柳生友景、見参!
朝鮮王率いる妖術軍団との死闘、
そして朝鮮柳生との息を呑む剣戟が今、幕を開ける!
隆慶一郎のスケールと山田風太郎の奔放さを併せ持った
超新鋭が放つ時代伝奇小説。
(amazon.co.jpより)


発売日20日の予定だったじゃん!!!<怒>
続きを読む

テーマ:読みたいor欲しい本 - ジャンル:本・雑誌

沙也可
★★☆☆☆
著者:江宮隆之 出版社:結書房
定価:1995円 出版年月:2005年12月 ボリューム:362P

この戦さに大義などない――
謎のベールに包まれた武将・沙也可をモデルに、
秀吉の朝鮮出兵が招いた凄惨な戦いの中で、祖国を捨て、
朝鮮の民とともに生きる道を選んだ
鈴木孫次郎と雑賀衆の姿を描いた大河小説。
(amazon.co.jpより)


祖国を捨て、戦争中の敵国へ。
義のために生きた一人の技術屋。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

ライヴ
★★☆☆☆
著者:山田悠介 出版社:角川書店
定価:1155円 出版年月:2005年6月 ボリューム:198P

突如としてTV中継が開始された奇妙な競技。
RUN、BIKE、SWIM。全く予測不可能な展開、次々と脱落していく選手たち。
だが、熱狂の渦に巻かれた視聴者は、
彼らが走り続ける理由を、まだ知らない――!
(amazon.co.jpより)


母のため、兄のため、父のため・・・
ラン25キロ、バイク100キロ、スイム3キロ。
地獄のレースが始まった。
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

松永弾正
★★★☆☆
著者:戸部新十郎 出版社:読売新聞社(文庫版あり)
文庫(中公 上)⇒定価:680円 出版年月:2002年1月 ボリューム:365P
文庫(中公 下)⇒定価:680円 出版年月:2002年1月 ボリューム:347P

策略家。叛逆者。主家乗っ取り。主殺し…。
すべての価値が混乱し猥雑を極めた戦国乱世に、
素姓も不詳なら足跡も不明、
ただ悪名だけを一身に背負って生きた男がいた。
その名を松永弾正久秀という―
混迷の時代を象徴するかのごとく、
波瀾の人生を駆け抜けた男の青春を描く長編歴史小説。
(amazon.co.jpより)


君がいたから どんな時も 笑ってたよ 泣いていたよ 生きていたよ
君がいなきゃ何もなかった
(浜崎あゆみ TO BEより)

続きを読む

テーマ:お気に入りの作家 - ジャンル:本・雑誌

尼首二十万石
★★★★☆
著者:宮本昌孝 出版社:講談社(文庫版あり)
文庫(講談社)⇒定価:580円 出版年月:2000年7月 ボリューム:292P

尼寺の鎌倉・東慶寺御用宿につとめる和三郎は、
駈込女を助けたことから
幕府の陰謀と甲府十五万石の柳沢家の秘事にまきこまれる―
表題作をはじめ、
織田信長の子で武田家の人質となる源三郎勝長の生涯に迫る
「最後の赤備え」など
時代の渦に翻弄された者たちの数奇な運命を描く
傑作六編を収めた時代小説集。
(amazon.co.jpより)


時代小説の旗手が描く珠玉の短編集。
続きを読む

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

背の眼
★★☆☆☆
著者:道尾秀介 出版社:幻冬社(新書版あり)
新書(幻冬社)⇒定価:1000円 出版年月:2006年1月 ボリューム:478P

「レエ、オグロアラダ、ロゴ…」
ホラー作家の道尾が、旅先の白峠村の河原で耳にした無気味な声。
その言葉の真の意味に気づいた道尾は東京に逃げ戻り、
「霊現象探求所」を構える友人・真備のもとを訪れた。
そこで見たのは、被写体の背中に二つの眼が写る4枚の心霊写真だった。
しかも、すべてが白峠村周辺で撮影され、
後に彼らは全員が自殺しているという。
道尾は真相を求めて、真備と助手の北見とともに再び白峠村に向かうが…。
未解決の児童連続失踪事件。自殺者の背中に現れた眼。
白峠村に伝わる「天狗伝説」。
血塗られた過去に根差した、悲愴な事件の真実とは?
第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。
(amazon.co.jpより)


これ、ホラー?
続きを読む

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

範馬刃牙(1)・(2)
★★★☆☆
著者:板垣恵介 出版社:秋田書店
1巻⇒定価:410円 出版年月:2006年4月

板垣恵介入魂、「バキ」最終章!!
地上最強の生物・範馬勇次郎VS地上最強の高校生・範馬刃牙。
かつてないスケールの親子喧嘩がここに開幕!! 
だれも体感したことのない闘い、見たこともない敵、
すべてが刃牙をおそうッッ!!
(amazon.co.jpより)


70巻以上を費やし語られてきたバキ伝説。
遂に終章開幕。
続きを読む

テーマ:マンガのかんそー - ジャンル:本・雑誌

姉飼
★★★☆☆
著者:遠藤徹 出版社:角川書店
定価:1260円 出版年月:2003年11月 ボリューム:181P

選考委員への挑戦か!? 
挑発的作風、注目の第10回日本ホラー大賞受賞作!

脂祭の夜、まだ小学生だった僕は縁日ではじめて姉を見る。
姉は皆、体を串刺しにされ、
髪と爪を振り回しながら、凶暴にうめき叫んでいた……。
諧謔的表現と不可思議なフリークス世界、かつてないホラー小説誕生!
(amazon.co.jpより)


ずっと姉が欲しかった。
姉を飼うの夢だった。

続きを読む

テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌

豊臣家の人々
★★★★☆
著者:司馬遼太郎 出版社:中央公論社(文庫版あり)
文庫(中公)⇒定価:920円 出版年月:1993年6月 ボリューム:503P

殺生関白秀次、太閤様以上と囁かれた北ノ政所、桂離宮を造営した八条宮、大坂城とともに滅んだ淀殿母子など、
ひとひらの幻影のような豊臣家の栄華のあとを、
研ぎ澄まされた史眼と躍動する筆で現代によみがえらせ、
司馬文学の魅力を満喫させる連作長篇。
(amazon.co.jpより)


土民から天下人へ。
天才の栄達が周囲にもたらしたのは幸か不幸か。
続きを読む

テーマ:お気に入りの作家 - ジャンル:本・雑誌

月間MVE発表(2006年3月)
月間Most Valuable Entertaiment、略してMVEの発表です。

2006年3月のMVEは、

小説・マジメ本部門風魔(⇒レビューへ)
世界観を持った小説です。
借り物でもパロディでもなく、直球勝負で一つの世界を構築。
暴れまわる登場人物の躍動感、活力。
まさに1級のエンターテイメントです。
次点は、『夜魔』
頭がキリキリ痛くなるような恐怖。
次回作を絶対読んでみたい!と思わせてくれる作家でした。

マンガ部門カタリベ(⇒レビューへ)
このマンガもしっかりした世界観を持ってます。
ちょっと手塚治虫を彷彿とさせる、考えさせる系マンガ。
深夜にお酒を飲みながら読む、って大人なスタイルにも十分耐えられます。
『ベルセルク(30)』ももちろん良かったんですが、
ストーリーがちっとも進まなかったのであえて選考せず。

映画部門ナルニア国物語(⇒レビューへ)
ここは文句無し。
それにしてもどうやって2作目に繋げるんだろ。

来月も忘れず選考したいと思います。
是非是非また来てやってください。

テーマ:お知らせです。 - ジャンル:ブログ

論理トレーニング101題
著者:野矢茂樹 出版社:産業図書
定価:2100円 出版年月:2001年5月 ボリューム:184P

「解説書なんかいくら読んだって論理の力は鍛えられない」
と言って論理の実践的な訓練を推奨する著者が、
好評だった前著『論理トレーニング』を編み直して、
練習問題を101題にまとめたのが本書である。
 今回は練習問題のすべてに解答がつけられ、
取り組みやすいよう体裁も整えられている。
論理を構成する各概念の解説もとっつきやすい表現に直されていて、
前作にあった教科書風の素っ気ない印象が薄まっている。

 全体は、「議論を読む」と「論証する」に大別されている。
前者では接続表現や議論の骨格について、
後者では論証構造や演繹・推測、論証の批判について取り上げている。

 本書で身につく論理の力にはさまざまな効用がある。
たとえば、論証の段で強調している「異論」
(相手の主張と対立するような主張を立論すること)と「批判」
(相手の立論の論証部に対して反論すること、対立ではない)の使い分け。
ここで双方の言葉の概念を正確にとらえ、
練習問題によって使い分けが可能になれば、
討論のときなどにきわめて有用だ。
本書はこうした論理の奥深い世界に読者を案内してくれる。

 教科書として作られた本書に、
個人で取り組む人が多いというのもうなずける。
ひとり本書に向かって言葉と格闘し、煩悶し、
その筋道をたどる作業が論理の力を鍛えてくれるはずだからだ。
「頭の回転が速い」とか「知性的」というのは、
こうした地道なトレーニングの積み重ねに負うところが大きいのだろう。
通勤、通学時の1冊としてもおすすめである。
(amazon.co.jpより)


ロースクールのクラスメイト、意外に使ってる人が多かったです。
続きを読む

テーマ:ビジネス書 - ジャンル:本・雑誌

忍法水滸伝
★★★☆☆
著者:戸部新十郎 出版社:祥伝社(全2巻)
上巻⇒定価:860円 出版年月:2000年7月 ボリューム:245P
下巻⇒定価:900円 出版年月:2000年9月 ボリューム:307P

大坂城炎上の深更、薦包みを積んだ小舟が淀川を下った。
乗るは甲賀忍者紀ノ一貫。舟は船霊に守られた怨念船である。
やがて瀬戸内に至り、暁天の光の中、薦を割って出たのは、
五三ノ桐の紋を絹の小袖に透かした高貴な人物―
右大臣豊臣秀頼であった!
落城の折りに自害したはずの彼がなぜ…。
西へ落ちる秀頼を追うは、徳川の命を受けた伊賀の長・服部半蔵。
秀頼を守るは甲賀と組んだ真田の勇士たち。
秘法VS.秘法の激闘が開始された…。
秀頼の薩摩落ち伝説を描く不朽の長編時代伝奇、ここに新装刊。
(amazon.co.jpより)


伊賀忍軍&柳生衆vs真田十勇士。
伝奇ファンなら見逃せない、術と技のぶつかり合い。
続きを読む

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

カポネ
★★★☆☆
著者:佐藤賢一 出版社:角川書店
定価:1995円 出版年月:2005年12月 ボリューム:545P

明晰な頭脳、すぐれたビジネスセンス、抜群の度胸と指導力で、
禁酒法を逆手に連邦政府の予算を凌ぐほどの巨富を築いた
アメリカ裏社会の首領アル・カポネ。
その真実と生涯を躍動感あふれる筆致で描ききった悪漢小説の金字塔。
(amazon.co.jpより)


渋み漂う大人の小説。
読後に残るほろ苦さ、未だ味わったことのないものでした。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

魔将軍
著者:岡田秀文 出版社:双葉社
定価:1890円 出版年月:2006年3月 ボリューム:389P

「かりに予が将軍となれば、あくまで予は予の姿勢を貫き通すであろうぞ。
さすれば守護大名や宿老たちが予を将軍へ推したことを後悔するであろう」
―そう言い、くじ引きで将軍の座についた六代将軍・足利義教。
“威をもって治める”を旨とし、
強い幕府、強い組織をつくるため次々と改革を断行するその姿は、
後世の指導者たちが目指すところとなった。
信長も秀吉も家康もみな、この男の真似にすぎなかった。
(amazon.co.jpより)


刃向かうもの、面従腹背のものはことごとく抹殺。
くじ引き将軍が築く屍の山。
まさに万人恐怖
続きを読む

テーマ:ヘンな本 - ジャンル:本・雑誌

消し屋A
★★★☆☆
著者:ヒキタクニオ 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫(文春)⇒定価:660円 出版年月:2006年3月 ボリューム:378P

オカマの蘭子とともに福岡に流れてきた消し屋の幸三。
久々に訪れた博多のヤクザから依頼された今回のターゲットは、
ホークスの名捕手・真壁。
内容は、殺しはナシで、彼を一試合の間だけ消すという奇妙なものだった。
野球一筋で真面目な真壁には、スキャンダルなど付け入る弱味がない。
幸三が取った手段とは。
(amazon.co.jpより)


体脂肪率推定1ケタ。
体も頭もキレ味抜群。
続きを読む

テーマ:人生を学ぶ本 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。