FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2006/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

黒の怨(DARKNESS FALLS)
★★☆☆☆
監督:ジョナサン・リーベスマン 公開年:2003年
出演:チェイニー・クレイ、エマ・コールフィールド、リー・コーミーほか

小さな灯台が建つ港町ダークネス・フォールズ。
かつて、心優しい老女マチルダ・ディクソンが
無実の罪で町の人々に虐殺され、以来、
“トゥース・フェアリー”の別名を持つマチルダの怨念が町をさまよい、
暗闇で彼女を見た者は必ず殺されるという伝説が語り継がれてきた。
ある晩、カイル少年は偶然にもその姿を見てしまう。
果たして彼もマチルダに襲われるが、彼女が光を嫌うことを知り、
明るい浴室へ飛び込んで難を逃れる。
しかし、カイルの母はマチルダに殺され、
カイルは母親殺しの容疑者として施設へ送られてしまう…。
(yahoo!映画より)


Stay in the light!!
来るよ、来るよ。
光が消えると「あれ」が来る。

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ゴースト・オブ・マーズ(GHOSTS OF MARS)
★★★☆☆
監督:ジョン・カーペンター 公開年:2001年
出演:アイス・キューブ、ナターシャ・ヘンストリッジほか

西暦2176年の火星。
地球を脱出し、火星に植民地を築いた人類は、
64万人が辺境の地で生活を送っていた。
彼らの主な仕事は、火星に豊富にある天然資源の採掘だった。
火星警察に配属されて2年目になるメラニー・バラード警部補は、
鉱山町シャイニング渓谷の刑務所にいる囚人で
火星一の犯罪者ジェームズ“デゾレーション”ウイリアムズを護送するため
シャイニング渓谷に向かっていた。
しかし、到着してみるとそこは
無惨な死体が転がるゴーストタウンと化していた。
生き残っていたのは牢獄にいるウイリアムズを含む
数人の犯罪者だけだった……。
(yahoo!映画より)


良く言えば痛快、悪く言えばくだらない。
余韻なしのサッパリ感。
夏の寝苦しい夜にはピッタリの映画かも。
続きを読む

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

弱虫兵蔵
★★★★☆
著者:柴田錬三郎 出版社:新潮社(文庫)
定価:620円 出版年月:1995年7月 ボリューム:404P

剣術師範の嫡男ながら生来の不器用で、
囲碁しか打てぬと蔑まれていた兵蔵が、忽然と姿を消して一年、
必殺の突きを会得して戻ってきた。
その兵蔵を待っていたものは兵法者としての血塗られた宿運だった。
実戦剣法の真髄を捉えた表題作、
飢餓で困窮する民のための立ち上がった剣の達人を幻想的に描く
「月影庵十一代」等、無名のまま散った6人の剣の異才達。
柴錬剣鬼シリーズ最終編。
(amazon.co.jpより)


まさに剣鬼。
親子、夫婦、出世、・・・
己が乗っていた道を外れて進む剣の道。
待ちうけるは修羅の運命。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

ブレア・ウィッチ2(Blair Witch 2)
★★☆☆☆
監督:ジョー・バーリンジャー 公開年:2000年
出演:ジェフリー・ドノヴァン、エリカ・リーセン、キム・ディレクター、
   トリステン・スカイラー、スティーヴン・バーカー・ターナー他

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の大ヒットによって、
その舞台となったバーキッツヴェルには世界中から観光客が訪れていた。
地元で生まれ育ったジェフはその客を当て込み、
「ブレア・ウィッチ・ハント」ツアーを企画する・・・。
あの衝撃の「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」に誘われた
若者5人がたどる恐怖の運命。
(amazon.co.jpより)


低予算ながら、
ドキュメンタリー・タッチの手法、衝撃的な結末、
パンチの効いてた第1作。
ところが、2作目は・・・
続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

エミリー・ローズ(The Exorcism Of Emily Rose)
★★★★☆
監督:スコット・デリクソン 公開年:2006年
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、
ジェニファー・カーペンターほか

19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死した。
彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は、
死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。
そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナーは、
教会の依頼でムーア神父の弁護を担当することになるが……。
(yahoo!映画より)


悪魔祓いと裁判。
一見無関係な二つのテーマを見事に結んだ傑作映画。
法曹を目指す人、是非見るべしのホラーです(笑)
続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

噂の皇子(by永井路子)
★★★☆☆
著者:永井路子 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫(文春)⇒定価:400円 出版年月:1991年9月 ボリューム:283P

時は平安時代。三条帝と実力者藤原道長は熾烈な闘いを繰り広げていた。
それなのに、帝の第一皇子敦明には奇妙な噂がささやかれていた…。
(「噂の皇子」)。
以仁王を奉じて謀反を企てた源三位頼政の真実の心は何だったのか。
頼政を知る四人が語る。
(「双頭の鵺」)
王朝の光と影を生き生きと描き出した小説8篇。
(文庫裏表紙より)


摂関政治、国風文化。
花咲ける平安王朝の人間模様。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

太閤さまの虎
★★★☆☆
著者:杉本苑子 出版社:読売新聞社(文庫版あり)
文庫(中公)⇒定価:??? 出版年月:1995年6月 ボリューム:323P

五日に一度、生き餌として犬を与えられるという太閤さまご寵愛の虎。
役人に引っ立てられた愛犬と弟のあとを追って、
大坂城に紛れ込んだ村の娘笹女が、
人垣に取り巻かれた鉄格子の檻の中に見た光景とは…。
戦国乱世に生を享け、奇々怪々の事件に巻き込まれる男女の人間模様を、
情感ゆたかに、ときにユーモラスに、
鮮やかな筆致で浮彫りにする時代小説八篇。
(amazon.co.jpより)


戦争、お家の滅亡・・・
激動する時代の中、個人の運命は流れる木の葉のように転変する。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

信玄戦旗
★★★☆☆
著者:松本清張 出版社:角川書店(文庫版あり)
文庫(角川)⇒定価:??? 出版年月:1989年11月 ボリューム:308P

戦国乱世のただ中に、天下制覇を目指した名将武田信玄。
その初陣から無念の死まで、
波乱激動の生涯をたどる迫真の長編小説である。
大国の当主同士が一騎打ちを演じた
唯一の合戦として名高い川中島の戦い、
軍師山本勘助の巧妙な活躍ぶりなど、
歴史の転換点、名場面の仕組みを周到な時代考察をふまえて、
鮮やかに描いていく。
虚々実々のかけ引き、壮大な勇気、
そして決断のあり様などに魅きこまれるうちに、
今を生きる私たちの処世や対企業組織の活路が見えてくる。
巨匠による、異彩をはなつ歴史読物、待望の文庫化。
(amazon.co.jpより)


恥ずかしながら、26歳で初めてです。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

パイレーツ・オブ・カリビアン(Pirates of the Caribbean; Dead Man's Chest)
★★★★☆
監督:ゴア・ヴァービンスキー 公開年月:2006年7月
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイほか

前作で、不死の海賊バルボッサから
ブラックパール号を奪い返した孤高の海賊ジャック・スパロウ。
自由な大海原に船出したはずの彼の前に、
逃れられない宿命が立ちはだかる。
それは、今から13年前のこと・・・
ジャックはブラックパール号の船長となるため、
自らの魂と引き換えに、船乗りたちが最も恐れる
“深海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わした。
そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、
巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。
“悪魔の裏もかくことのできる男”といわれたジャック・スパロウだが、
今度こそ彼の命運は尽きようとしていた…。
(goo映画より)


ボクだけですか
続きを読む

テーマ:ジョニー・デップ - ジャンル:映画

秘曲
★★★☆☆
著者:戸部新十郎 出版社:徳間書店(文庫)
定価:525円 出版年月:1994年1月 ボリューム:285P

世間の悪評高き関白豊臣秀次は、公卿社会へ傾倒していく中、
おのれの素養のなさを補うものとして、
珍貴風雅なものの収集に熱心であった。
しかし、権力で集めた品々に対して公卿らの反応は冷たかった。
豊臣家の威光ではなく、関白としてふさわしい者が自然に手に入れる物、
それは射干玉(ぬばだま)の笛だというのだ。
秀次は早速、
目的のためには手段を選ばぬ男・猿丸に笛を探すよう命じる(表題作)。
時代小説集。
(裏表紙より)


玄妙不可思議な雰囲気漂う時代短編集。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

悪いやつら
★★★☆☆
著者:東郷隆 出版社:中央公論新社
定価:1995円 出版年月:2003年11月 ボリューム:339P

幼い頃、「阿呆う」を装い怨敵を欺いて生きのび、
のちに梟雄となった宇喜多直家。
その前半生と、
彼を支えた名もなき人びとの人間像を見事に描き切った歴史長篇。
(amazon.co.jpより)


松永久秀、齊藤道三と並び、
戦国の三大梟雄とでもいう位置付けにある宇喜多直家。
そして、一将功成りて万骨枯る
彼の立身出世の陰に消えていった名も無き人々・・・
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

刑法判例集
著者:福田平 出版社:有斐閣
定価:2310円 出版年月:2001年4月 ボリューム:298P

刑法の学習に必要不可欠な判例を厳選。
判決文の要点部分を簡潔に抜き出した上、
各判例の意義、他の判例との関係、判旨中に用いられる事項について
簡単なコメントを適宜付した小判例集。
96年刊に次ぐ第4版。
(amazon.co.jpより)


理論の刑法、判例の暗記は不要と言いつつも
続きを読む

テーマ:司法試験・資格試験・語学試験 - ジャンル:学問・文化・芸術

桶狭間の勇士
★★★★☆
著者:中村彰彦 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫(文春)⇒定価:720円 出版年月:2006年7月 ボリューム:399P

桶狭間の戦いで今川義元の首級を挙げた毛利新介と服部小平太。
二人は信長に武功を認められ昇進を果たすが、
その後、新介は織田家の家督を相続した信忠に、
小平太は豊臣秀吉に仕え、別々の道を歩むことになった。
二人の武将を待ち受ける数奇な運命と
信長、秀吉の天下人への道のりを克明に辿った戦国歴史長篇。
(amazon.co.jpより)


400年以上前も、今も変わらぬ宮仕えの苦労。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

民法Ⅳ 親族・相続
著者:内田貴 出版社:東京大学出版会
定価:3675円 出版年月:2004年3月 ボリューム:552P

2004年4月から施行される人事訴訟法、
および親族法にかかわる民事執行法の改正に
いちはやく対応した内田民法シリーズIVの補訂版。
新法のねらいと、新しくなった家事紛争をめぐる裁判制度を
わかりやすく解説。
家族法の新たなパースペクティブを示す最先端のテキスト。
(amazon.co.jpより)


民法基本書の定番、内田。
その親族・相続。
とりあえず明日は民法Ⅳ(親族・相続)の試験なので。
続きを読む

テーマ:司法試験・資格試験・語学試験 - ジャンル:学問・文化・芸術



プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する