ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
09 | 2006/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰の絵図(by新宮正春)
★★☆☆☆
著者:新宮正春 出版社:集英社(文庫版あり)
文庫(集英・上)⇒定価:630円 出版年月:2005年1月 ボリューム:322P
文庫(集英・下)⇒定価:630円 出版年月:2005年1月 ボリューム:333P

家康の金山総奉行、大久保長安が残した莫大な遺産。
そのありかを解く鍵は四振りの刀に秘められていた…。
江戸幕府を揺るがす秘宝を求めて、剣豪が斬り合い、忍者が技を競う。
長編伝奇ミステリー。
(amazon.co.jpより)


江戸幕府草創のころ、
但馬・佐渡及び全国の天領の惣代官として権勢をふるった大久保長安。
その遺産たるや500万両・・・
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

黒塚(by夢枕獏)
★★☆☆☆
著者:夢枕獏 出版社:集英社(文庫版あり)
文庫(集英)⇒定価:900円 出版年月:2003年2月 ボリューム:634P

十二世紀末。
鎌倉に追われる九郎坊と大和坊は、
奥州の山中で妖麗な女が独居する藁屋に一夜の宿を請う。
黒蜜と名乗る女は奥の間を覗かぬことを条件に逗留を許す。
十九世紀、奥州山中の荒屋に宿を請うた男は、
生首となって生きる九郎坊を奥の間に見る。
さらに時代は流れ・・・
九郎坊は高層ビルから廃墟と化した都市を見下ろしていた。
永遠の命を生きる異形の者の、時空を超えて展開する愛憎と闘い。
(amazon.co.jpより)


追われ追われて逃げる義経。
行き着いたのはモンゴルではなく、未来だった・・・
続きを読む

テーマ:書籍紹介 - ジャンル:本・雑誌

呪怨(ビデオ版)
★★★☆☆
監督:清水崇
出演:栗山千明、三輪ひとみ、三輪明日香、洞口依子、柳ユーレイほか

強い怨みを抱えて死んだモノの呪いの恐怖を描いた映画。
監修は「リング」の高橋洋、出演は栗山千明、三輪ひとみほか。
(amazon.co.jpより)


劇場公開、ハリウッド進出まで果たした呪怨シリーズ。
その原点とも言うべき、ビデオ版を見てみました。
続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

影刀(by黒岩重吾)
★★★☆☆
著者:黒岩重吾 出版社:文藝春秋
文庫(文春)⇒定価:460円 出版年月:1997年2月 ボリューム:232P

西暦672年。大海人皇子と大友皇子が皇位を争い、
骨肉の戦いを繰り広げた壬申の乱。
大海人皇子に一命を救われた亡命百済人の孤児・鋭飛は
敵対する近江朝の間者を捕え、殺戮。勇名をはせていくが・・・
歴史のうねりに翻弄されつつ、
力の限り、信じる道を貫いた武人の、女人の、無告の民の、
清冽にして哀切なドラマ。
(amazon.co.jpより)


皇位を争う叔父と甥、
しかも甥の妻は叔父の娘なのです。。。
複雑ドロドロの古代戦争、その狭間で翻弄された老若男女の運命。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

ものいふ髑髏(by夢枕獏)
★★☆☆☆
著者:夢枕獏 出版社:集英社(文庫版あり)
文庫(集英)⇒定価:540円 出版年月:2004年8月 ボリューム:275P

金貸しを営む銭法師の喜久五郎という男が墓所の近くを歩いていると、
衣の裾にしゃべる髑髏が食いついてきた。
その口車に乗り大儲けを企てるが、
恐るべき復讐に遭い・・・(「ものいふ髑髏」)ほか、
登山事故の入院先で体験した奇妙な出来事や、
暴漢に襲われた男が垣間見る悪夢など、
平安朝物語から日常に潜む恐怖や不思議現象まで、
怖くて妖しい物語10編を収録。
(amazon.co.jpより)


獏さんが10年にわたって書き溜めた短編集。
10年で10篇ということは、1年に1篇ということになりますが・・・
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ポルターガイスト(Poltergeist)
★★★☆☆
監督:トビー・フーパー 公開年月:1982年
出演:クレイグ・T・ネルソン、ジョベス・ウィリアムス、
ベアトリス・ストレイト、ドミニク・ダン、オリヴァー・ロビンスほか

クエスタ・ベルデ・エステーツなる郊外の宅地開発の行なわれた1区画に住む、
不動産会社勤務のスティーヴ一家。
妻ダイアンと16歳の長女デイナ、7歳の長男ロビー、
5歳の末娘キャロル=アンが、その家族構成だ。
そして、不思議な一連の出来事はある夜、始まった。
放送が終了して何も写ってないTV画面とキャロル=アンが、
言葉を交わしていたのだ。
さらに翌日、再びTVは彼女を呼び出し、家はゆれ、
霊のようなものがTVから飛び出した。
それ以降、家では奇妙な現象がひんぱつし、
嵐の夜に庭の木がロビーを襲う。
(goo映画より)


鳴らないはずのおもちゃの電話が鳴り響く。
何も映っていないテレビに語りかける5歳の娘。
幸せな一家に続く奇怪な事件の数々。
続きを読む

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

ヒストリエ3(by岩明均)
★★★☆☆
著者:岩明均 出版社:講談社
定価:560円 出版年月:2005年11月

トラキアの自由の民が奴隷に変わり、
船に積まれる町カルディア。
自由と屈従の境目にあるこの町は、
同時にアジアとヨーロッパの境目に存在した。
そんなカルディア出身書記官が、
ギリシャ世界の主流とは多少違う価値観を持っていたとしても、
そう不思議ではあるまい。
(表紙裏より)


2巻で大きな転変を迎えたエウメネスの人生、
3巻ではさらに予想だにしない方向へと、人生の舵が切られていきます。
続きを読む

テーマ:漫画 - ジャンル:本・雑誌

幻の観音寺城(by南條範夫)
★★★☆☆
著者:南條範夫 出版社:文藝春秋(文庫)
定価:???円 出版年月:1986年9月 ボリューム:299P

抗争渦巻く戦国乱世、
近江の名門六角氏の本拠・観音寺城で何が起ったか―
城主高頼の嫡子氏綱の急逝で残されたのは
幼い嫡孫義実と京育ちの絶世の美女月の方だった。
家督を継承できなかった次子定頼の邪悪な執念が燃えたぎる。
甲賀者が活躍し、城盗りの策謀に明け暮れる乱世で、
残虐な武将の野望にさらされる美女の運命は?
(amazon.co.jpより)


六角という戦国の中でも極めつけのマイナー大名。
管領代になってたり、将軍義輝の加冠の儀を行なったり、
なかなかに由緒格式ある大名家なのですが。。。
続きを読む
HANA-BI
★★★★☆
監督:北野武 公開年:1998年
出演:ビートたけし、岸本加世子、大杉蓮ほか

凶悪犯の張り込みの最中に親友で同僚の堀部の好意に甘え、
数カ月前に幼い子供を亡くし
失意のまま体調を崩していた妻・美幸を病院に見舞った西は、
そこで妻が不治の病で助からないことを聞かされる。
ショックを受ける西。
だがそんな彼に、更に堀部が犯人の凶弾に倒れたとの連絡が入った。
その後、犯人は別の場所で発見されるも、
逮捕へのあせりから西は失態を演じ、後輩の田中が命を落としてしまう。
(goo映画より)


北野版「愛の逃避行」
ヤクザの血の雨を降らせ、行き着く先は・・・
続きを読む

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

豪傑組(by海音寺潮五郎)
★★★★☆
著者:海音寺潮五郎 出版社:文藝春秋(文庫)
定価:620円 出版年月:2004年12月 ボリューム:402P

江戸時代、文政天保期の
九州・柳川藩の剣に生きた男たちの
激烈にして痛快な生き方を活写した表題作の他、
越前松平家のお家騒動の顛末を描いた「越前騒動」「忠直卿行状記」、
戦国を生き抜いた武将たちの非情な運命を綴った「一色崩れ」等、
武士のありようとは、如何にあるべきかを問う全九篇の短篇集。
(amazon.co.jpより)


武士として生きるとは、一体どういうことか。
戦国~江戸初期に題材をとりつつ見事に描き上げた短編集。

続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

開陽丸、北へ―徳川海軍の興亡(by安部龍太郎)
★★★☆☆
著者:安部龍太郎 出版社:朝日新聞社(文庫版あり)
文庫(講談社)⇒定価:730円 出版年月:2002年12月 ボリューム:329P

榎本武揚率いる徳川艦隊、決死の海戦

徳川幕府の最新鋭にして最強の軍艦=開陽丸。
艦長の沢太郎左衛門は、嵐を突いて北へ向かった。
薩摩、長州の両藩が主流の新政府軍に抗戦する
奥羽越列藩同盟を救援するためだ。
徳川艦隊を率いる盟友の榎本武揚を支え、死闘を繰りひろげる。
戊辰戦争を背景に明治維新の“闇と光”を問い直す海洋歴史長篇小説。
(amazon.co.jpより)


明治維新が失敗に終わっていたら?
函館戦争で五稜郭が落ちなかったら?
明治維新の闇を浮き彫りにしつつ、歴史のifを問いかけます。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

竜の柩(by高橋克彦)
★★☆☆☆
著者:高橋克彦 出版社:祥伝社(文庫版あり 全6巻)
文庫(講談社①)⇒定価:800円 出版年月:2006年7月 ボリューム:487P

二束三文の津軽の山が密かに買収されたことを知った
TVディレクター九鬼虹人は、周辺取材をするうちに、
なぜか買収地が
すべて竜に因んだ神社や遺蹟の地に限られることに気づいた。
“いったい竜とは何か?
想像上の竜が世界各地に伝説として残り、
西洋では悪魔、東洋では聖なる存在なのはなぜか?”
それが恐るべき事件の発端となった。
土地買収と竜の関連を追う九鬼を執拗に狙う男たち。
そして姿を見せ始めたヴァチカンの存在…。
(amazon.co.jpより)


世界の神話、伝承に共通する想像上の怪物「龍」。
「龍」の正体を追う九鬼虹人らは、
やがて人類文明の起源へ迫っていくことに。
続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

炎環(by永井路子)
★★★★★
著者:永井路子 出版社:文藝春秋(文庫)
定価:540円 出版年月:1978年1月 ボリューム:311P

長い間、京の権力の前に圧迫され続けてきた東国に、
ひとつの灯りがともった。
源頼朝の挙兵に始まるそれは、またたくうちに、関東の野をおおった。
鎌倉幕府の成立、武士の台頭――
その裏には彼らの死に物狂いの情熱と野望が激しく燃えさかっていた。
鎌倉武士達の生きざまを見事に浮き彫りにした傑作歴史小説。
(裏表紙より)


朝廷や公家の走狗だった武士たちが抱いた、
自分たちが主役の権力を打ちたてる!という希望。
小さな希望の火種は、やがて人々を巻き込む権力の業火へ。
炎の中に焼尽していった者たちが紡ぐ愛と欲望の物語。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

月間MVE発表(2006年7・8月)
Most Valuable Entertaiment、略してMVEの発表です。

2006年7・8月のMVEは、

小説・マジメ本部門黎明に叛くもの(⇒レビューへ)
イスラムの暗殺教団(「山の長老」)と松永久秀のフューチャリング。
常人の思いも及ばないところから生まれた戦国伝奇です。
ケシとバラの園、胡旋舞、湾曲した短刀、金髪碧眼の傀儡・・・
西域のアイテムが彩るもう一つの『国盗り物語』です。
次点は、『天皇の刺客』
史上名高い曾我兄弟の仇討ち。
その裏に隠された超弩級の政治ドラマ。
武士を超越した者になろうとする頼朝。
一族の仇たる頼朝を討つために兄弟が取った政治的アクロバット。
重厚な作品です。

マンガ部門不思議な少年(5)(⇒レビューへ)
今回も効用満点、心のサプリ。
泣かせようというのでもなく、陳腐な教訓を垂れ様というのでもない。
それでも自然に波立つ読者の心。
静かにそれでも確実に打ち寄せる感動の波。
本当に癒されるマンガです。

映画部門エミリー・ローズ(⇒レビューへ)
パイレーツ・オブ・カリビアンを抑えての受賞。
ホラーと法廷ドラマのコンバインド。
大失敗に終わりそうな試みを見事に調理しきりました。
そして予想だにしない判決・・・
何から何まで予想を裏切ってくれた映画です。
法廷シーンもかなり本格的、ロースクール生、法学部生に特にオススメ。

来月も忘れず選考したいと思います。
是非是非また来てやってください。

テーマ:日々、想うこと - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。