FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2009/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

蝦夷地別件(by船戸与一)
評価:★★★★★
著者:船戸与一 出版社:新潮社(文庫 全3巻)
上巻⇒定価:740円 出版年月:1998年6月

フランス革命が全欧を揺さぶり、
ロシア船が親潮にのって日本近海を脅やかし、
田沼意次の失脚で松平定信が政権の座についた十八世紀末。
国家が血煙の被方からその巨体を現わした激動の季節に、
北のボーダーで自らの存亡をかけて喚きあがったアイヌ民族の雄叫び。
(amazon.co.jpより)


市民革命、そして植民地の獲得をめぐる戦争、
18世紀という時代は、
国家、国境というものが意識され始めた時代だったのかもしれません。

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

斬首ただ一人(by南條範夫)
評価:★★★★☆
著者:南條範夫 出版社:旺文社(文庫)
定価:400円 出版年月:1986年5月

幕末~維新期に、
各々の信念に従い、或いは崩壊する幕府に殉じ、或いは倒幕に命を賭し、
さらには自ら樹立した政権に刃向かって処刑された男たち―
三河武士の血をたぎらせて幕府を支えた小栗上野介、
倒幕を策した鉄血公卿岩倉具視、
不平士族を糾合するも萩に敗死した前原一誠、
賊軍の将でありながら明治の顕官となった榎本武揚など、
七人の男たちの姿を活写した傑作歴史小説。


明治維新の主役と言えば、
薩長土肥の西郷隆盛、高杉晋作、坂本竜馬あたり、
幕府側では勝海舟、新撰組あたりでしょうか。
そういった主役たちに着目するのではなく、
脇役の列伝を通して明治維新を描いたのが本書。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

いじめ刃傷(by南條範夫)
評価:★★★☆☆
著者:南條範夫 出版社:徳間書店(文庫)
定価:520円 出版年月:1997年1月

武芸諸般に優れ、仕事は精勤、正義感あふれる書院番士松平外記。
が、時は後世、大御所様の時代とたたえられた遊惰文弱な腰抜け武士ばかりの文政年間、
他の番士たちとの折合いがうまく行くはずもなかった。
上意により追鳥狩の拍子木役を仰せつかったものの、
妬み嫉みにより演習を阻害され、無念にも御役御免を願い出た。
後日、外記は武士の意気地を貫くため、
遂に相番への刃傷に及んだ(表題作)。他九篇収録。
(amazon.co.jpより)


事件自体は知っているという人も多い、松平外記の刃傷。
天下泰平の大御所時代、
あろうことか、旗本が江戸城中で刀を振り回し、同僚を殺傷したという事件。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

海王(by宮本昌孝)
評価:★★★★☆
著者:宮本昌孝 出版社:徳間書店
定価(上巻):2310円 出版年月:2009年1月

剣豪将軍として名高き足利第十三代将軍・義輝が松永弾正の奸計により斃れてから十余年後―
ひとりの少年が、信長の戦勝に沸く堺の街に姿を現した。
少年の名は、海王。
かつて大武装船団を率いて東シナ海を席捲した倭寇の大頭目・五峰王直を祖父として育った少年は、
自らが将軍義輝の遺児であり、剣に天賦の才を持つことを知らない。
だが運命は海王を、
かつて義輝を愛した人々、そして信長ら天下争奪を目指す男たちの元へと誘う。
(amazon.co.jpより)


剣豪将軍義輝、
掛け値なしの傑作です。
歴史小説を読んで初めて、この人に仕えたいと思いました。
その続編に当たるのが本作。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

五右衛門ロック
評価:★★★★☆
監督:渡部武彦 製作年度:2009年
出演:古田新太、松雪泰子、森山未来、江口洋介、川平慈英、
濱田マリ、北大路欣也ほか

役人・岩倉左門字(江口洋介)に捕えられ、
釜ゆでの刑に処された大泥棒・石川五右衛門(古田新太)。
実は、その葬儀を仕切る真砂のお竜(松雪泰子)の手引きで生き延び、
南の果てにあるという神秘の石“月生石”を求めて船出する。
しかし、彼らを追う左門字もろとも猛烈な暴風雨に襲われた五右衛門たちは、
南の島に流れ着き……。
(yahoo!映画より)


ゲキ×シネ、待望の新作☆
続きを読む

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

私家版天保水滸伝(by高橋義夫)
評価:★★★☆☆
著者:高橋義夫 出版社:新人物往来社
定価:1500円 出版年月:1993年4月

大利根の河原を血で染めた飯岡助五郎と笹川繁蔵の抗争を描く表題作をはじめ、
時代小説の新しい世界を切り拓く秀作六篇を収録。
(amazon.co.jpより)


飯岡助五郎と笹川繁蔵、
相撲取りから博徒と似たような経歴を持つ二人の対決。
浪曲や講談でおなじみのテーマらしいです。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

徳川幕閣盛衰記 失脚(2)大老・酒井忠清と堀田正俊の闘い(by笹沢左保)
評価:★★★☆☆
著者:笹沢左保 出版社:祥伝社
定価:1400円 出版年月:1994年8月

四代将軍家綱の下、幕府の最高権力を握ったのは大老酒井忠清だった。
家綱が重病に臥し後継問題が持ち上がった時、
忠清に対し若き老中堀田正俊が敢然と反旗を翻した。
権力者の栄枯盛衰を描く歴史小説。
(amazon.co.jpより)


盛者必衰、
並ぶものなき勢威を誇った下馬将軍の時代もついに終わりを迎えるわけで。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

寛永の遺臣たち(失脚―徳川幕閣盛衰記)(by笹沢左保)
評価:★★★☆☆
著者:笹沢左保 定価:1680円
出版社:祥伝社 出版年月:1993年12月

「余は生まれながらの将軍である」と宣言した三代将軍家光は、
徳川の礎を磐石のものとした。
だが、自らの死期に臨み、胸を過るのは、
十一歳にして将軍職となる幼い家綱の将来に対する不安だった…
家光の遺志を継ぎ、私心なく家綱と幕府を護ろうとする寛永の遺臣たち。
やがて台頭してくる家綱付きの新興勢力である幕臣たち。
その虚々実々の駆け引きと、熾烈な政争。
将軍家になり代わり権勢を恣にする幕府要人たちの栄枯盛衰と時代の変わる様を、
冷徹な視点と厖大な資料をもとに描く、
著者渾身の大型歴史小説の第一弾。
(amazon.co.jpより)


幕閣・・・
江戸幕府の実質的な最高決定機関。
今で言えば内閣にでもあたるのでしょうか。

続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

レッドクリフpartⅡ(未来への最終決戦)
評価:★★★★☆
監督:ジョン・ウー 製作年度:2008年
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、リン・チーリンほか

西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。
孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、
食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。
そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。
司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、
周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。
(yahoo!映画より)


正直微妙だった前作。
「赤壁」を銘打ちながら、ほとんどさわりだけで終わってしまったからか。。。
不安を抱きつつ見た本作ですが・・・
続きを読む

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画



プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する