ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2009/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜のオデッセイア(by船戸与一)
評価:★★★☆☆
著者:船戸与一 出版社:徳間書店(文庫版あり)
文庫⇒定価:760円 出版年月:2009年3月

客の罵声を浴びながらリングに転がる。
八百長ボクシングで金を稼ぐおれは、
トレーナーの野倉と大型ワゴン“オデッセイア”でアメリカ大陸を漂泊中、
ベトナム帰りの二人のプロレスラーと合流。
イラン人への手紙をマイアミに届ける過程で、
パーレビ国王の隠し財産を巡る闘いに巻き込まれていた。
CIAやモサド、マフィアと闘う一匹狼達の群れ。
(amazon.co.jpより)


ニューヨーク、マイアミ、ニューオリンズ、フェニックス、
アメリカ東海岸から南部をまたにかけて展開する、「悪い冗談」。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

必殺スペシャル・春一番 仕事人、京都へ行く 闇討人の謎の首領!
評価:★★★☆☆
監督:石原興 製作年度:1989年
出演:藤田まこと、村上弘明、鮎川いずみ、藤真利子、近藤正臣、松山英太郎ほか

京都御所の改修工事にまつわる不正を暴こうとしていた北町奉行所同心・片山とその妻が、
上方なまりの男達に殺される。
その場に居合わせ、片山の無念を酌んだ政は、加代と共に京へと向かう。
また主水も京都所司代への出張が決まり、上司・田中と江戸を発つ。
政は探索の協力を求めるため嵯峨野の元締・五兵衛を訪ね、
そこで昔馴染みの仕事人・ろくろのお竜と再会する。
一方、京を訪れた主水は、貧乏公家の姉小路高麿とその使用人・おろくと出会う。
(Wikipediaより)


先日終了した必殺仕事人2009。
2009放映のきっかけになったのは、スペシャル番組必殺仕事人2007。
数多い必殺スペシャルですが、僕にとってのベストはこれ。
続きを読む

テーマ:必殺シリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

クーデター(by楡周平)
評価:★★★☆☆
著者:楡周平 出版社:角川グループパブリッシング(文庫版あり)
文庫⇒定価:820円 出版年月:2008年11月

日本海の北朝鮮領海付近でロシア船が爆発炎上。
その動きを窺っていた米海軍原子力潜水艦が巻き込まれ航行不能となった。
漂流する原潜を挟み、「北」と日米韓の緊張が一挙に高まるなか、
謎の武装集団が能登に上陸、機動隊を殲滅してしまった。
報道カメラマン川瀬雅彦は現場に急行するが、
折しも米国大使館と警視庁で同時爆破テロが勃発。
これは戦争なのか!? 日本を襲う未曾有の危機。
「朝倉恭介VS川瀬雅彦」シリーズ第2弾。
(amazon.co.jpより)


完璧な政権交代。
いや、与党すら変わっていないのだから、
政権交代ではなく政権乗っ取りというべきか。
続きを読む

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

庵堂三兄弟の聖職(by真藤順丈)
評価:★★☆☆☆
著者:真藤順丈 出版社:角川グループパブリッシング
定価:1575円 出版年月:2008年10月

庵堂家は代々、
遺体から箸や孫の手、バッグから花火まで、あらゆる製品を作り出す「遺工」を家業としてきた。
長男の正太郎は父の跡を継いだが、能力の限界を感じつつある。
次男の久就は都会生活で生きる実感を失いつつあり、
三男の毅巳は暴走しがちな自分をやや持て余しながら長兄を手伝っている。
父親の七回忌を目前に久就が帰省し、久しぶりに三兄弟が集まった。
かつてなく難しい依頼も舞い込み、ますます騒がしくなった工房、
それぞれの思いを抱く三兄弟の行方は?
第15回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。
(amazon.co.jpより)


『ぼっけぇきょうてえ』など、
良質(=怖い)の作品を供給し続けるホラー小説大賞。
大賞受賞作ということで期待を抱いてページを開いたのですが・・・
続きを読む

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

新宿・夏の死(by船戸与一)
評価:★★★★☆
著者:船戸与一 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫⇒定価:920円 出版年月:2004年5月

バブル崩壊後の日本の閉塞と混沌を象徴する街・新宿。
ヤクザ・オカマ・元教師のホームレス──うごめく人間たちが抱える熱い情念

バブル崩壊後の日本の閉塞と混沌を象徴する街・新宿。
ヤクザ・おかま・ホームレス・高利貸し・婦人警官……。
暑い夏、街でうごめく人間たちが格闘する苛酷な現実と、やがて直面する未来は?
街と時代の不条理、そして人間の暗い情念をあわせ描いた直木賞受賞後第一作。
「夏の黄昏」「夏の渦」ほか傑作中篇を八本収録。
(amazon.co.jpより)


ボリューム満点で予期せぬ展開が次々起こる、
というのが船戸作品のイメージでした。
正直、短編でこの作風がどこまで発揮されているか不安もありましたが・・・
続きを読む

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

トランスフォーマー/リベンジ(TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN)
評価:★★★★☆
監督:マイケル・ベイ 製作年度:2009年
出演:シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメルほか

オートボットとの壮絶な戦いの末に敗北したディセプティコンが、
新たな仲間を率い、より凶悪になって復活。
ディセプティコンの新たな侵略計画は、
現存するオートボットたちの総力をはるかに上回る巨大なトランスフォーマー、“デヴァステーター”や
メガトロン以上に凶悪な“フォールン”を擁するものだった……
(Yahoo!映画より)


How do you know it's gonna work out?
- Because I believe it.

続きを読む

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

虹の谷の五月(by船戸与一)
評価:★★★☆☆
著者:船戸与一 出版社:集英社(文庫版あり 上下巻)
文庫(上巻)⇒定価:780円 出版年月:2003年5月

トシオ・マナハン、13歳。
フィリピン、セブ島のガルソボンガ地区に祖父と住み、
闘鶏用の軍鶏を育てる日々だった。
奥地の「虹の谷」には元新人民軍のゲリラ、ホセ・マンガハスがひとり住みついて闘い続けている。
そこへ行く道はトシオしか知らない。
日本から戻ってきたクイーンを谷に案内したことから、
トシオはゲリラたちの内紛に巻きこまれていく。
直木賞受賞の壮大な少年の成長物語。
(amazon.co.jpより)


「だれにも喋るんじゃないよ、ジャピーノ、わかってるね?
昨日と今日、虹の谷で何が起きたかを」
(本書p.158より)

続きを読む

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

徳川幕閣盛衰記 失脚 完結編(6)黒船と最後の権力者たち(by笹沢左保)
評価:★★★☆☆
著者:笹沢左保 出版社:祥伝社
定価:1600円 出版年月:1997年8月

松平定信と水野忠邦。
ともに田沼意次亡き後それぞれ「寛政の改革」「天保の改革」を実施し、
民衆に極度の禁欲を強いた老中であった。
当初は「世直し大明神」と期待された定信も、
結局は田沼時代と変わらぬ倹約の奨励で、民衆の心は離反。
加えて定信の心を煩わせるのは、大奥や朝延との深刻な対立だった。
実力者への贈賄によって地位を固めた水野忠邦も、
飢饉、大塩平八郎らによる叛乱、
さらに次々に押し寄せる外国船の群れといった危機的状況に、
長く貪った太平の終焉を感じ取る。
そして遂に黒船の来航。
もはや幕閣たちがどう足掻いても、幕府そのものの「失脚」をくい止める方途はなかった…
権力者たちの盛衰を描いた著者渾身の歴史巨編、堂々の完結。
(amazon.co.jpより)


江戸幕府、ついに倒れる。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

灰塵の暦-満州国演義(5)(by船戸与一)
評価:★★★★☆
著者:船戸与一 出版社:新潮社
定価:2100円 出版年月:2009年1月

満州事変から六年。
理想を捨てた太郎は満州国国務院で地位を固め、
憲兵隊で活躍する三郎は待望の長男を得、
記者となった四郎は初の戦場取材に臨む。
そして、特務機関の下で働く次郎を悲劇が襲った―
四兄弟が人生の岐路に立つとき、満州国の命運を大きく揺るがす事件が起きる。
読者を「南京事件」へと誘う第五巻。
(amazon.co.jpより)


満州国サーガ、5巻目。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

地図男(by真藤順丈)
評価:★★☆☆☆
著者:真藤順丈 出版社:メディアファクトリー
定価:1260円 出版年月:2008年9月

仕事中の“俺”は、
ある日、大判の関東地域地図帖を小脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。
地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書き込まれていた。
千葉県北部を旅する天才幼児の物語。
東京二十三区の区章をめぐる蠢動と闘い、奥多摩で悲しい運命に翻弄される少年少女―
物語に没入した“俺”は、次第にそこに秘められた謎の真相に迫っていく。
第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作。
(amazon.co.jpより)


疾走感抜群、
東京を駆け抜ける物語。
続きを読む

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

歴史破壊小説 裏太平記(by半村良)
評価:★★☆☆☆
著者:半村良 出版社:河出書房新社
定価:1800円 出版年月:2009年2月

『徒然草』の兼好法師には裏の顔があった! 
皇位をめぐる争い、下克上を求め動めく民衆の異様な動きの影で兼好の画策する陰謀とは。
伝奇小説の巨匠が大胆な推理を元に描く本当の太平記の世界。
半村良幻の作品。初の単行本化!
(amazon.co.jpより)


半村良幻の作品。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

きびだんご侍(by新田次郎)
評価:★★★☆☆
著者:新田次郎 出版社:新潮社(文庫)
定価:360円 出版年月:1988年9月

黍団子を食べれば百人力、槍の腕は武士にも引けをとらない与右衛門。
志顔して加わった上杉方との戦で抜群の度胸と機転を発揮し、手柄をたてた彼が望んだものは―。
名もない小作人の活躍をコミカルに描く表題作の他、
歴史の背後に隠された気象情報戦略を描く「豪雪に敗けた柴田勝家」、
幕末のアイヌ反乱を扱った「最後の叛乱」など、
バラエティに富んだ7編を収める時代小説短編集。
(amazon.co.jpより)


とにかく風変わりな短編を集めた1冊。
続きを読む

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN(19)(by安彦良和)
評価:★★★★☆
著者:安彦良和 出版社:角川書店
定価:560円 出版年月:2009年6月

ソロモンでの死闘がついにはじまった。
戦闘の裏で暗躍するキシリアの思いとは?
新ガンダムのアムロはソロモンにどう挑むのか!?
安彦良和がソロモンの激戦の真実を描く19巻ついに発売!
(角川書店HPより)


戦いは数だよ   兄貴!!
続きを読む

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック



プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。