ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駿河城御前試合(by南條範夫)
評価:★★★★★
著者:南條範夫 出版社:徳間書店(文庫版再刊!)
文庫⇒定価920円 出版年月:2005年10月 ボリューム:541P

巷説寛永御前試合は虚構である。
事実は、秀忠の次子・駿河大納言忠長の御前で行われた
十一番の真剣試合が、その下敷きとなっている。
その日、駿河城内には腥風悽愴と荒び、
戦国生き残りを賭ける武芸者たちは、
だが、無骨さゆえの生きざまが宿痾となって、
だれもが破滅の淵へと疾走し、血海に斃れていった。
日暮れ、人去った城内は寂として声なく、
人心の倦厭の気のみ残されていたという。
時代巨篇。
(amazon.co.jpより)


山口貴由のマンガ『シグルイ』の原作
駿河の竜徳川忠長の面前で繰り広げられる十本勝負+αの剣術アクション。






各編とも試合の描写は数ページ。
内容の90パーセントは、いかにして死合うに至ったか。
立会いの緊迫感も凄いが、そこに至る人間ドラマも濃密

『シグルイ』で藤木源之助対伊良子清玄編を知る人は多いだろうけど、
あれと同じレベルの濃いドラマが更に10編・・・

特に印象に残るのが、
美少年・美女に切られるのを無上の快楽とする座波間左衛門と
彼を夫の仇とするキヌ。
美女アユメをめぐり、一門壮絶な殺し合いを展開する塚原卜伝の弟子たち。

そして、終章剣士凡て斃る・・・

今まで、戸部新十郎が剣豪小説NO1だと思ってたけど、
これもまた捨てがたい。

ちなみに、ボクが持ってるのは再刊版じゃない方の文庫版。
一時、アマゾンのユーズド価格で3万円!の値がついてたやつ。
大宮のBOOK OFFで105円で買いました 笑

スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/10-cdd5f014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。