ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺し屋シュウ
★★★★★
著者:野沢尚 出版社:幻冬舎(文庫版あり)
文庫(幻冬社)⇒定価:560円 出版年月:2005年4月 ボリューム:277P

首都大学文学部の研究室に勤めるシュウ。
卒論はフィッツジェラルド、恋人は風俗嬢の美加、
初めて殺した相手は肉親だった……。
新境地を目指す長編ミステリー。


優しくて脆い殺し屋が主人公の短編集。


首都大学文学部の助手として勤めつつ、殺し屋として別の顔を持つシュウ。
初めて殺した相手は、自分の父親。
親を殺した人間ほど殺し屋という職業に相応しい人間はいない・・・

殺し屋が主人公でありながら、アクションは終盤までお預け。
むしろ、実行に至るまでのプロセス(クライアントとの接触、心のやりとり)がメイン。
お気に入りは『シュート・ミー』
海岸でのエンディングシーンに鳥肌。
キス・オブ・ドライ・・・

著者はハリウッドでの映画化をもくろんだらしいけど、
むしろテレビ向きな感じがする。
1時間×2で一話完結みたいな。
シュウは藤木直人か稲垣吾郎? 成宮寛貴もいいかも。

各短編に登場するカクテルが鮮烈な彩りを添える。
キス・オブ・ドライ、アメリカーノ、ブラッディ・メアリ・・・
ネーミングの由来は、デートのときに使わせてもらってますた。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

文庫の文学青年っぽい表紙↑もいいけど、単行本↓の方がカッコイイ。

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/107-4f7f58b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。