FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

異形の者
★★★★☆
著者:柳蒼二郎 出版社:学習研究社(文庫あり)
文庫(学研)⇒定価:756円 出版年月:2005年1月 ボリューム:433P

天正三年五月、
長篠の合戦場で産み落とされた赤子が、
細川家子飼いの乱波・丹波に拾われる。
その赤子はこめかみに大きなこぶを持つ異形の者であった。
名も無き赤子は、ただ「こぶ」とのみ呼ばれる。
酷薄非道な丹波は、こぶを飼う代償にその言葉を奪う。
さらに、異形の身の中に忍びとしての天稟を見出した丹波は、
過酷な試練をこぶに与え、己の奴撲として飼育した。
こぶ、十三歳の時、篭の鳥の運命が動く。
細川家当主忠興の直命によって、
妻・玉子(ガラシャ)の警護の任についたこぶは、天井裏を這う者となる。
女神の如き玉子の優しさにふれ、
凍り付いたこぶの魂はゆっくりと溶かされていく。
だが、そこに待っていたものは、あまりにも非業な運命だった…。
第七回歴史群像大賞受賞作。
(amazon.co.jpより)


日本史上有数の殺戮の舞台、長篠。
死と隣り合わせに生まれた子、こぶ。
その運命は。。。
死からの誕生、暗く惨い少年時代。
異形であることを除けば、『ベルセルク』のガッツを彷彿とさせます。
(ガッツも後天的なハンディを負うことになりますが、こぶは先天的)
ガンビーノに相当するのが、百地の丹波か。
こいつは鬼です。
心の弱さ、欲の強さは人間的ですが。
丹波の主 細川忠興も酷薄な鬼。

丹波により言葉を奪われ、物として生きる事を強要されるこぶ。
武器は人並み優れた「生きる力」。
そんなこぶが、老忍び白雲、細川ガラシャ、細川家の老臣らと出逢い、
「こころ」を芽生えさせていく。

しかし、時代は関ヶ原前夜。
大坂玉造の悲劇へと収斂していく物語。

こぶが人として生きるに至るプロセスが主題ながら、
丹波のひねまがった性根、忠興が武将として一皮剥ける過程など、
ワキヤクの描写もなかなかです。

そして、ニヤリ&ホロリのエンディング。
まさか、あの忍びの前半生を語る物語だったとは・・・

奇想天外な忍者ストーリーにして重厚な人間ドラマ。
時代小説にさらなる新星登場です。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/118-a3817d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する