ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語が、始まる
★★★★☆
著者:川上弘美 出版社:中央公論新社(文庫版あり)
文庫(中公)⇒定価:580円 出版年月:1999年9月 ボリューム:217P

いつもの暮らしのそこここに、ひっそり開いた異世界への扉―
公園の砂場で拾った「雛型」との不思議なラブ・ストーリーを描く
表題作ほか、奇妙で、ユーモラスで、どこか哀しい、四つの幻想譚。
芥川賞作家の初めての短篇集。
(amazon.co.jpより)


ふわふわした、夢とも現ともつかない話を集めた短編集。

表題作にしてからが、
砂場で男の形をした「雛型」を拾い、同棲を始めるというもの。
「雛型」に三郎という名をつけ、恋人のまねごとをする。
「雛型」だから、挿入・射精はできない。
「雛型」なのに別れはとてもせつない。

主婦たちのトカゲをめぐるやりとりを描く「トカゲ」、
婆に招かれそろそろと穴の中へ入り込んで行く「婆」・・・
微妙な湿度漂う川上ワールド。

薄ピンクの靄の中で、行こうか戻ろうか軽く思案するといった感。
結局心地良すぎて動けぬまま。
それでも、まったくユニークな世界が広がります。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ その他小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの作家 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/124-856ccb38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。