ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらの迷路
著者:石田衣良 出版社:講談社

石田衣良が贈る、美しくちいさな24の物語。
恋愛、小説、そして母との別れ……。
石田衣良が二年をかけて大切に書きつづった掌編小説集。
物語を味わいながら人気作家の素顔を垣間みる特別な一冊。
(amazon.co.jpより)


コンスタントに作品を出しつづける石田衣良の最新作。
と思ったら、19日には徳間書店から『ぼくとひかりと園庭で』発売予定。

大学生の頃、大好きだった。
IWGP1~3、波の上の魔術師、娼年・・・
誰が話しかけようがどうでもいい。授業サボッてゼミ室で読んだりもした。
当時出てた作品を全部買って読んだくらい。
短期間に1人の作家にこれほどハマったのは、司馬遼太郎以来。
教授にも友達にも勧めまくり、直木賞受賞は我が事のように嬉しかった。

でも、4TEEN、アキハバラ@DEEP・・・
何かが違う・・・

ペリエのように爽やかで流れるような文章。
これは変わらないように思う。
では、何が変わったか。

上手く言えないけど、影というか闇というか「ネガティヴ」が消えたように思う。
日陰しか歩けない人間の思い・・・

石田衣良はいつから人間の闇に目を向けるのを止めてしまったんだろう。
炭酸の抜けたラヴストーリーを粗製濫造するより、
読者の眉間を撃ちぬくようなスパイシーの効いた小説を書いて欲しい。

この作品も近年の傾向にどっぷり漬かってるっぽいけどさ。
もう一度期待してみたいんですよーだ。
スポンサーサイト

テーマ:今読んでいる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/134-871b8b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。