ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪眼
★★★★☆
著者:柳蒼二郎 出版社:学習研究社
定価:1785円 出版年月:2002年9月 ボリューム:399P

柳生十兵衛三巌開眼!
その金色の目、邪眼という。
七百年の怨、ここに甦るとき、
柳生一族の命運を懸けた、壮絶な死闘がはじまる。
徳川家光の寵愛を受け、友矩乱心。
魔は姿を現し、やがて蠢き始める―。
(amazon.co.jpより)


『異形の者』で歴史群像賞を受賞した著者。
才能の煌きは目の錯覚ではなかったようです。
徳川の王道を支える柳生。
鬼を斬り、邪を断つ柳生十兵衛。
強さの秘密は、金色の光を放つ右目の邪眼。

物語は、十兵衛が闇の仕事に疲弊しきるところから始まります。

ふとしたことから迷い込む「あわい」。
(ベルセルクに出てきた「かくりょ」みたいなものだと思います)
そこで出会う人々、十兵衛再生の日々。
序盤~中盤はたらたら進みますが、実は張り巡らされている伏線。

終盤の激しい剣術アクション、忍術バトル。
山田風太郎を彷彿とさせます。

そして、
友矩すら操る黒幕の正体とは・・・

技巧に走りすぎている観もありますが、
構想、登場人物の設定、どれも秀逸です。

まだまだ有名には遠いよう。
でも、青田買いしても損はない作家です。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 異形の者へ。
⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/145-981c713f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。