ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷一夜物語
★★☆☆☆
著者:山田正紀 出版社:集英社(文庫版あり)
文庫(集英社)⇒定価:800円 出版年月:2005年10月 ボリューム:414P

名手の、ジャンルを超えた小説の玉手箱。
売れない作家の「おれ」は、
暴言文芸評論家を襲いに行く途中、オヤジ狩りに遭い、
「面白い話を聞かせたら許してやる」と言われ
思いつく話を次々と語ることに…。
怪奇と幻想の15編。
(amazon.co.jpより)


オヤジ狩りに遭った売れない作家が紡ぎ出す世にも奇妙な物語。
設定は、うまくできています。
評論家の殺害を試みる売れない作家。
完全無欠のトリックを覆すオヤジ狩り少年たち。
(オヤジ狩りも今や死語ですが)
命を乞い、紡ぎ出すシブヤンナイトストーリーズ。
「世にも奇妙な物語」を彷彿とさせる短編集。
木曜8時のドキドキを思い出してしまいました。

ただ、語る短編は、
売れない作家ということもあって(?)超面白い!ってのは少なかったかも。

ただ、女子高生がDNA研究者自殺の謎を追う短編
(うー、タイトル忘れました。)は別格。
いったい何が見つかってしまったのか、なぜ研究者たちはあそこまで怯えるのか。
こういうエンディングの短編、初めて読みました。
結構好きかも。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ その他小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/147-0b3f30ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。