FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

バースト・ゾーン
★★★☆☆
著者:吉村萬壱 出版社:早川書房
定価:1785円 出版年月:2005年5月 ボリューム:441P

「テロリンを殺せ!」
ラジオからは戦意高揚のメッセージが四六時中流れ出す。
テロリンっぽい子どもをいじめるテロリンごっこが流行する。
テロリンっぽい行動をした奴は民衆のリンチでぶち殺される。
いつ終わるともわからぬテロリストの襲撃に、
民衆は疲弊し、次第に狂気の度合いを高めていった。
肉体労働者の椹木武は病気の妻子を養うため、
愛人を売春宿で働かせて稼ぎを搾取していた。
小柳寛子は椹木のために、狂った客たちに弄ばれ続けていた。
やぶ医者の斎藤良介は、今日も手術に失敗して一人を殺した。
麻薬密売人の土門仁は浮浪者たちを薬漬けにしていた。
素人画家の井筒俊夫は、売春宿で抱いた小柳のあとを尾け回していた。
そして遂に最大級のテロが発生した。
国家はテロリン殲滅の大号令を出し、
地上最強の武器「神充」を確保せんと、「地区」へ志願兵を送り込んだ。
椹木、小柳、斎藤、土門、井筒、
五人はそれぞれの思惑から「地区」へと向かう。
しかし「地区」で待ち受けていたのは……
超極限状況下における人間の生と死を、美しくかつグロテスクに綴る、
芥川賞受賞作家渾身の破壊文学。
(amazon.co.jpより)


ボクらのヴェトナム、同時多発テロ。
著者なりに解釈した本だと思ってました・・・
序盤から中盤、日本を連想させる「この国」の惨状。
同時多発テロがモチーフだと思ってました。
縮れ毛、浅黒くてひょろ長いテロリン ⇒ ビン・ラー○ィン?

でも、「地区」で登場人物を待ちうけているもの・・・
それはボクのちっぽけな想像力を超えていました。

意味不明、正体不明のモンスター、神充。

著者は何を書き現したいのか、何を伝えたいのか。
読者の数だけ解釈があるように思います。

ボクは、テロや戦争云々を越えた、反文明・反理性の気配を感じました。
人間の思考、志向に敏感に反応する神充。
荒涼として救いのない世界観。
「この国」が滅ばない理由は、かなりの皮肉です。

解釈困難な描写・感情移入など拒絶する登場人物、
厚さのわりに重~い1冊。

でも、この時代に生まれたからには、
読まずに済ませられない1冊だと思います。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:ぐっときた本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/151-ec8cc79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する