ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国幻野-新・今川記
★★★☆☆
著者:皆川博子 出版社:講談社(文庫版あり)
文庫(講談社)⇒定価1000円 出版年月:1998年9月 ボリューム:685P

東海の強国駿河は、守護今川氏親の手で着々と覇道を進んでいた。
東に北条、北に武田、大国が激しく牽制しあう戦国の世、
氏親とその妻妾の息子たちも、奇しき愛憎の闘いに巻きこまれてゆく。
野望のままに、
広大な富士の裾野を馳ける武者と修験者たちの凄絶な生と死。
今川一族の興亡を描き切った傑作長編。
(amazon.co.jpより)


戦国今川5 brothers story!

桶狭間の戦いで有名な今川義元。
義元に2人の兄弟(氏輝、恵探)がいたことは知られています。
彼ら3兄弟+歴史には現れなかった2人の兄弟の交錯を描く物語。

信長に簡単に倒されたことでイメージの悪い義元。
今川・武田・北条3国同盟の立役者、名軍師の誉れ高い大原雪斎。
表の軸はこの2人。

裏の軸として、富士修験の生き神 サクヤ様(女神を装うイケメン)。
サクヤ様に使える巫女 照日。
神懸りの彼女が物語にどう絡むか。

印象に残ったのはサクヤ様。
出自に由来する虚無。
自分は何なのか、どう生きればいいのか、何が望みなのか。
彼の悩みの多くは、現代社会を生きる我々にも通ずるところあり。

サクヤ様は、ある事情から、足を折られ、醜いキズを負うことに。
望めば避けられたような事情。
障害を負う⇒自らの可能性を区切る⇒自己定義?を狙ったのでしょうか。
そして、意外な形での歴史舞台への登場。
名を上げることで虚無から逃れられるのか。

繊細さから今川家当主としての務めを果たせない氏輝。

将として当主として適性を持ちながら、側室の子として生まれた恵探。

生来豊かな情を持ちながら、
雪斎のしつけで欲望、情を抑え、将として成長する義元。
嫡子 氏真の誕生、雪斎の死が与える影響は・・・

持って生まれたnatureと闘う今川5兄弟。
その結末は・・・

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:大好きな本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/167-7b14cb72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。