ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田大隅-最後の戦国武将
★★☆☆☆
著者:高橋直樹 出版社:講談社
定価:1631円 出版年月:1995年10月 ボリューム:229P

徒者として無頼の日々を送った戦国武将の存念を描ききった
「亀田大隅」ほか、「小林平八郎」「源三位頼政」を収録。
歴史の塵に埋もれた侍たちの誇りを圧倒的迫力で描く歴史小説集。
(amazon.co.jpより)


最後の戦国武将、その意地。
亀田大隈、最後の戦国武士。
柴田勝豊(柴田勝家の養子)の配下のいたずら者、偏屈者から、
家康に一目置かせる侍大将になるまで。
そして、死に場所を失った武士の最期・・・

「戦巧者」としての面目、名声へのこだわりなど、
戦国武士の生き様を余すところなく描いてます。

お家大事、滅私奉公の江戸のサムライと異なり、
己が大事、名声大事の戦国武士亀田大隈。
小林平八郎(吉良家家老)と対比するのも面白い。

平家に頭を垂れ続け、従三位を得た源頼政。
公卿にも平家にも侮られた彼の意地。
捨石にするはずの頼朝。
しかし、現実に捨石にされたのは・・・
何時の間にか狂っていた計画。
誰がボタンを掛け違えたのか。

時代時代に異なれど、珠玉のサムライ残酷stories。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/174-b5838231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。