ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天を衝く
★★★☆☆
著者:高橋克彦 出版社:講談社(文庫版あり)
文庫(講談社)⇒定価:770円 出版年月:2004年11月 ボリューム:492P

織田信長が天下布武の決意を固めた戦国末期、
南部家は跡目争いで揺れていた。
「北の鬼」と恐れられた九戸政実は宗家と訣別。
弟の実親らを指揮して斯波、和賀を攻め、勝利をおさめる。
独自の史観で奥州人の誇りと気迫を描く。
(amazon.co.jpより)


『火怨』、『炎立つ』に続く東北三部作。
天下人に喧嘩を売った、東北野郎の意地と度胸。
信長、秀吉の登場で、戦国時代も終わりに近づいたころ。
伊達政宗の更に北、最果ての地で暴れ回った男たちの物語。

詳細な合戦描写、東北を知り尽くした著者だけに、
地元の人が読んだらたまらないんだろうな。

南部の柱石であった九戸政実がいかにして主家と敵対するに至ったか、
天下人秀吉の戦いのわけ、濃密な権力ドラマを書き切っています。

おしむらくは、九戸政実をあまりに偉大な武将として書きすぎた点。
いかに合戦が巧かろうと大きな時代の流れから見れば2流の人物。
彼を過大評価しすぎるゆえに、
南部の権力争いの泥沼化、秀吉の介入の理由がすっきりと理解できません。
エンディングもいまいち、なぜ「あの決断」選ぶのか、正直よく分からん。
せっかく出てきた伊達政宗も活かし切れていません。

むしろ、
時代が見えなかった男の悲劇、
時勢眼と戦争スキルのアンバランスを中心に書いた方が面白くなったのでは。

寒い季節、東北合戦ドラマに夢を馳せるのも面白いですが、
『火怨』の方がオススメ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/190-1c02572e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

競馬とは権力闘争である

※ホームルームにてストーンさんから『S(勝ち切る闘争心)』について質問された時の返答を抜粋---->ストーンさんそうです。競馬の結果には好走と凡走がありますが、好凡走は相手との相対関係によって如何ようにも言える定義です。相手が弱ければ(L)走るだろうし、レ
[2006/01/04 15:44] 競馬の予備校ブログ(・皿・)y━

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。