ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御家の狗
★★★★☆
著者:岳宏一郎 出版社:毎日新聞社(文庫版あり)
文庫(講談社)⇒定価:680円 出版年月:2005年7月 ボリューム:316P

幕府の金山経営を一手に握り、家康さえも恐れた異能の男・大久保長安。
三河一向一揆を指揮し、家康を滅亡の寸前まで追い詰めた本多正信。
ひと睨みで二百余の諸侯を震え上がらせた、
家康の懐刀・本多正純と豊臣家の股肱の臣・福島正則との仄かな友情。
家臣の枠を超えた巨才と御されることを拒む奔放不覊な精神、
敢えて数奇な運命を選択した、誇り高き男たちを描く群像歴史小説。
(amazon.co.jpより)


類稀な才、胆力。
主の手を食いちぎりかねない犬たち。
大久保長安。
トドの容貌に藤十郎というミヤビな通称のアンバランス、
120万石の代官、石見・佐渡2カ国の主にまで成り上がった異能。
主家康とのギリギリの意地の張り合い。
容は異なれど、秀吉と政宗の関係を彷彿とさせます。

本多正信。
一向一揆加担の過去を持ちながら、家康の智嚢にまで成り上がった男。
愛憎混ざり合った大久保一族との因縁。

本多正純。
浮かび上がる姿は、陰険な謀将、官僚ではなく、
秀才として天下の執政として矜持を保つことに拘る孤独な人物。
主秀忠に対してさえプライドを曲げ様としない、頑固さが招く悲劇・・・
流刑先の秋田での長男正勝との不器用なやりとり、白眉です。

『群雲、関ヶ原へ』に顕著ですが、
著者の最大の魅力はキャラクター設定の巧みさ。

戦国という特殊な時代を生き抜いた男たち。
誰をとっても凡人には測りきれない曲者揃いですが、
見事に描ききる筆力、構成力。

コジツケ組織経営譚や陳腐な人生訓偉人伝ではない、
人間ドラマとしての時代小説を読みたい人にオススメ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/194-d60d55e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。