ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者はなぜ「決められない」か
著者:長山靖生 出版社:筑摩書房
定価:756円 出版年月:2003年9月 ボリューム:237P

80年代以降、フリーターの数は増え続け、
今や就業人口のなかで無視できない存在となった。
日本の近代史をふり返れば、たとえば「高等遊民」という現象のように
「決められない若者たち」は過去にも存在した。
けれども現代のフリーターは、
先進国のなかでも特殊な今日的減少である。
なぜこうした現象が生じたのだろうか? 
自らも「オタク」として職業選択に際し違和感を抱いた著者が、
労働(仕事)観を切り口に、「決められない」若者たちの気分を探る。(amazon.co.jpより)


かつて就職に悩んだ著者が
息子に贈るつもりで書いた若年破綻防止マニュアル。

現代社会の重要テーマ、フリーターについて、
その登場(リクルートがネーミングしたなんて初めて知った!)、
原因(低賃金労働者を搾取する企業側の事情、
親の背中を見て企業戦士に嫌悪感を抱く若者の事情、
自分の人生をふり返り同じ道を歩ませたくない親の事情・・・)、
時系列、横断的な分析スタイルで切り込んでいます。

そして、フリーターたちへのインタビュー。
浮かび上がるのは、フワフワとした形のない将来。

夏目漱石と森鴎外の比較(現代向きは漱石!)など
論点がバラけてしまっている感は否めませんが、
語りかけてくるような文体は分かりやすい。

若者たちの主張、事情にも配意しつつ、
このままじゃマズイんじゃないの?ってソフトに疑問を呈してます。

当事者にとっても、それほど耳の痛くないフリーター本では。
その分、効き目は薄いかもしれませんが。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/197-26aef370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

若者はなぜ「決められない」か

著者: 長山 靖生 タイトル: 若者はなぜ「決められない」か1980年代の中盤に、「フリーター」という言葉が現れた。その当時は、フリーターという言葉に、一種の「かっこよさ」が感じられたものだが、実態は正社員に比べて待遇が悪く、不安定だった。バブル崩壊後は、
[2005/12/27 00:33] 新書要約ブログ

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。