FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アメリカの論理
著者:吉崎達彦 出版社:新潮社
定価:714円 出版年月:2003年4月 ボリューム:183P

なぜアメリカはイラク攻撃にこだわったのか。
安易な陰謀史観に頼らずとも、
9・11以降のブッシュ政権内の「論理と力学」を丹念に分析すれば、
その疑問は氷解する。
ブッシュを取り巻くブレーンたちの動きを通して浮かび上がるのは、
ナイーブで孤独な「揺れる超大国」の姿だ。
新世代のアメリカ・ウォッチャーによる注目の論考。
(amazon.co.jpより)


気鋭のアメリカウォッチャーによる、ブッシュ政権解体新書
なぜアメリカはイラク戦争を始めたか。
ユダヤ陰謀説、石油資本陰謀説、
さまざまな陰謀説がささやかれます。

この問に対し、
ブッシュ政権の性格、現代アメリカ社会の構造を分析することで
答えを出すのが本書。

ブッシュ・ジュニアをアメリカに伝統的な草の根保守と定義。
それ故に親ビジネス、強硬のネオ・コンの神輿に最適だった・・・
しかも、2002年の時点でカール・ローブの役割に注目。
写真入りで、ブッシュとの馴れ初め、政権内での影響力を解き明かしてます。
ジェフォーズ上院議員の共和党離党、9.11時のアメリカ政府の舞台裏など、
興味深いテーマ満載。

それでいて、
分析の根拠に使用する情報はインターネットなどによる公刊情報。
まさに商社の研究員の面目躍如。
いかに使える情報を見つけるか、断片の情報をつなぎ合わせるか。
情報社会で生きる技術、ここまで極められたら、たいしたもの。

アメリカを知る上で、情報を最大限利用する術を見る上で、
これほど役に立つ本はありません。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/201-0dc5c8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する