ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天魔信長
★★☆☆☆
著者:高橋直樹、出版社:講談社
定価:1995円 出版年月:1997年4月 ボリューム:355P

孤独と闇――
内なる力に突き動かされ破壊の野を駆け抜けた若き日の信長。
時代小説の旗手が放つ新しい信長像。
(amazon.co.jpより)


天才の通り道に積み上がる屍、肉親縁者も容赦なし。
まさに天魔の所業なり。
信長の偉業、桶狭間をスタートに書かれることが多いです。
でも、この作品は、
清洲、岩倉、弟勘十郎など、織田家の内紛~桶狭間合戦にフューチャリング。
長篠も姉川も安土城も出てきません。
でも、長槍隊、鉄砲隊の編成、
藩屏となっていた叔父の謀殺を通じ、
信長の非常・非情を余すところ無く伝えます。

凄まじきは天才であるがゆえの孤独。
父親にも、弟にも、叔父夫婦にも充たされぬ肉親の情。
唯一の救いが吉野だったのではないでしょうか。

勘十郎の謀反、今川義元の侵攻、
幾たびも命の瀬戸際に立たされる信長。
「命に限りがある」、
彼独特の死生感、哲学が涵養され、クリスタライズされていきます。

旧体制の徹底的な破壊のため、戦国乱世を駆け抜けた感のある信長。
英雄、天才とたたえられますが、本人は幸せだったのか。
信長の孤独、その一端を味わってみてください。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/204-724b9057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。