ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼっけえ、きょうてえ(by岩井志麻子)
評価:★★★★☆
著者:岩井志麻子 出版社:角川書店(文庫版あり)
文庫(角川)⇒定価:480円 出版年月:2002年7月 ボリューム:211P

日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞受賞作!
岡山の遊郭で醜い女郎が客に自分の身の上を語り始める。
間引き専業の産婆を母にもち、
生まれた時から赤ん坊を殺す手伝いをしていた彼女の人生は、
血と汚辱にまみれた地獄道だった…。
(amazon.co.jpより)


日常のすぐ隣にある地獄に落ちた女郎の話。






岡山、ボクの母方の出身地です。
風光明媚、穏やかな気候、豊かな土地のイメージ。
でも、それはあくまで山陽の一部とのこと。
女郎の出身の内陸の寒村はまさに地獄。
業を背負いさらに転落していく女郎。
まさに地獄の螺旋

表題作以外には、「依って件の如し」がイイ。

貧困が物語の根底にあるせいか、せつなさが残る。
ただ、貧乏であろうが親がいなかろうが、不幸な人がどんどん不幸に。
やさしい人には耐えられないスパイラル。

キタナイ→グロい&忌避したいという感覚もうまく使っている。
でも、怖さは本物。鳥肌が立ちました。
涼しくなりたい方は是非

☆この作品を紹介しているブログ☆
ネガティブ詩日記-孤独の翼で空に堕ちる-さん
ひらおきBooksさん
DERICIOUS!さん
獏のいる庭園さん
Re:Re:Re:133さん
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/21-e34ca2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。