ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪しき者
★★☆☆☆
著者:羽山信樹 出版社:新人物往来社(文庫版あり・3巻構成)
文庫(小学館)⇒定価:670円 出版年月:1999年7月 ボリューム:347P

寛永十年(一六三三)、
一人の若い牢人者がフラリと尾張名古屋城下に現れた。
男は名を新珠尊之介といい、後醍醐天皇の血をひく南朝の皇胤であった。
尾張は、家康の第九子である義直が支配していた。
義直は無類の学問好きで、特に神道、儒学に造詣が深く、
その敬神崇儒の考え方から、
皇室をないがしろにする幕府のやり方に満腔の不満を抱いていた。
とりわけ第三代将軍家光に対しては、叔父・甥の微妙な感情もからみ、
両者の対立は一触即発の危機を孕んでいた。
義直の前に、新珠尊之介が現れたのは、そんな折であった…。
新珠尊之介と三種の神器の一つ「八坂瓊曲玉」をめぐって
繰り広げられる巨大な陰謀。
柳生十兵衛と尊之介の秘術を尽した凄絶な決闘。
非情の暗殺と忍者の死闘。
(amazon.co.jpより)


御三家謀反!? 再び南北朝対立!?
江戸幕府崩壊の瀬戸際・・・
正月早々厚い本。
なんと750ページ以上。辞書クラス。

内容も盛りだくさん。
陰と影、柳生新陰流の秘密に始まり、
三種の神器の行方、南朝の後胤など伝奇的な要素。
家光(3代将軍)vs義直(尾張)、宗矩(江戸柳生)vs兵庫(尾張柳生)の
叔父甥対決。
家康の子であり朝廷へ畏敬の念を抱く義直、
家康の孫家光の朝廷への態度に不満爆発。
柳生の開祖石舟斎の子であり将軍指南役の宗矩、
甥であり尾張藩指南役でありながら柳生の正統を継ぐ兵庫に敵意爆発。

面白い要素は満載ながら、それを処理できていない感強し。
750ページも、濃密というより間延び。
ストーリーのテンポが悪いのです。
せっかく柳生の使い手が出てくるのに、剣闘シーンも迫力は薄い。

「欲しがり過ぎて」失敗した時代小説の典型では。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/212-8e6b1bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。