FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

霧笛荘夜話
★★★☆☆
著者:浅田次郎 出版社:角川書店
定価:1575円 出版年月:2004年11月 ボリューム:291P

不幸の分だけの幸せは、ちゃんとある。
どっちかが先に片寄っているだけさ。
運河のほとりの古アパート「霧笛荘」。
そのアパートの6つの部屋に住む、
6人の住人たちの様々な人生を描き出す。
不器用だけれども誠実に生きていた6人だったが。待望の連作短編集!
(amazon.co.jpより)


大納会、大発会、百貨店売上高って、
年末年始、カネの話ばっか。
でもお金じゃ買えないものもあるじゃござせんか。

温かくて、ほろ苦い。
泣かそうという著者の意図も見え見えだけど、乗ってしまう。
そんな浅田文学の典型。

ただ、
自殺志願者の千秋&千秋を救う眉子の冒頭2篇は異色。
めでたしめでたし、苦しい分だけ人情が温かいと思ったのに・・・
これから二人、幸せになれると思ったのに・・・
安易に読み終えることを許さないエンディングが用意されています。
こういうイレギュラーなことをやるから、
「どうせ大して変わらないんだろ」と思いつつ、浅田本を読んでしまう。

あとの4短編は、いつものライン。
幸せを味わえない不器用さなんでここまでって不幸の連鎖
分かってても、毎度同じでも、泣いてしまう。

読み進めるうちに、ジーンときちゃいます。
まだまだ寒い日が続きますが、目頭と心だけでもあったかくしてください。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

TBありがとうございました☆
私はこれが浅田作品との出会いだったのですっかりハマってしまいました。
[2006/01/05 15:32] URL | sand-harmony #- [ 編集 ]


こんにちは。

ボクは、『鉄道員』がきっかけでした。
大学受験の模試か何かで問題文として出題、
続きが読みたい!と思って本を買ってしまいました。
my best of 浅田作品は、『蒼穹の昴』かなぁ。
[2006/01/05 20:55] URL | yoshi #sSHoJftA [ 編集 ]


こんばんは。また来ました。
『蒼穹の昴』今度読んでみます。自分じゃたくさんありすぎてどれを読もうか選べないんです。
私は高校受験の問題でよしもとばななさんに出会いました(笑)
読みながら感動してしまって。
[2006/01/06 05:08] URL | sand-harmony #- [ 編集 ]


再訪、ありがとうございます。

浅田先生の本はハズレが少ないのがスゴイ。
一定レベルの本を生み出しつづけるプロの技。
豊富な人生経験をエッセンスとして活かしてるし。
『蒼穹の昴』、『きんぴか』、『シェエラザード』なんかがオススメ。
文庫もあるし、図書館にもだいたい置いてあると思います。

是非是非、また見に来てください。
[2006/01/06 08:00] URL | yoshi #sSHoJftA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/213-275e592a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する