ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣と笛
★★★☆☆
著者:海音寺潮五郎 出版社:文藝春秋(文庫のみ)
文庫(文春)⇒定価:550円 出版年月:2002年1月 ボリューム:324P

著者が世を去って四半世紀。
残された幾多の短篇から、選りすぐった傑作歴史小説を再編集。
足利時代中期、滅亡した畠山家の再興を願う主従と
堺の商人との不思議な縁を綴る表題作の他、
加賀・前田家の二代目利長と家臣たちの姿を描く「大聖寺伽羅」「老狐物語」
など全九篇。
(amazon.co.jpより)


格調高き歴史短編集。
著者海音寺潮五郎は明治34年生まれ(昭和52年没)。
恥ずかしながら、司馬遼太郎以前の歴史小説を読むのは初めて。
文語調、旧仮名遣いが読みづらいんじゃないかと思って。

そんな先入観を綺麗に拭い去ってくれる短編集が本作。
平易・簡明な文章で、この格調高さ。

特に、宮本武蔵と養子造酒之介(士道を通す為、自害)のやりとりを
同じく養子伊織の目から描く『宮本造酒之介』、
些細な行き違いから主南部利直に背き、
大阪城に篭ることで武士の意地を示す『南部十左衛門』。
無残なほど真っ直ぐな武士の道、際立ちます。

戦国最強夫婦 立花宗茂・千代の実情を描く『立花宗茂』も味わいあり。
あの千代が立花家に祟っていた・・・
佐賀鍋島の化け猫騒動並みのインパクト。

惜しむらくは書き損じか、中途で筆を折ったような作品が混じっていること。
東北の盗賊大名と落日の畠山家の姫を描いた『羽川殿始末記』、
物語のクライマックスで尻切れトンボ、後に解説・後日譚がついてるだけ。
ストーリーもキャラクターも良いだけにもったいない。

これだけ読みやすく面白いなら、
司馬以前の歴史小説もどんどん読み進めることにしようっと。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/221-db3e3a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。