ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェー小品集
★★☆☆☆
著者:嶽本野ばら 出版社:青山出版社(文庫版あり)
文庫(小学館)⇒定価:500円 出版年月:2003年3月 ボリューム:223P

時が停止したような、時流に抗うかのごときカフェーを舞台に描かれた、
夢とも現ともつかない恋愛物語の数々。
互いに頑なな誇りを持つが故、すれ違い、翻弄されながらも惹かれ合う
「僕」と「君」の、さまざまな心の風景が映しだされる。
あの『ミシン』で鮮烈なデビューを遂げた岳本野ばらが、
自ら偏愛するカフェーを廻り、
店の誕生から今に至る物語を探ってその空間に身を浸し、
丹念に紡ぎあげた、香り高き小品集の文庫化。
『ミシン』以前の短編も収録された貴重な一冊。
(amazon.co.jpより)


甘ーい、甘いよー、小沢さん。
昼前の霜柱のように脆くて優しい恋だよー。


「カフェ」ならぬ「カフェー」。

琥珀の中のバッハ―みゅーず
品性のある制服と、品性のある歯車―フランソア
眠りの国、青い屋根の人の家―若王子
諦念とタンゴの調べ―クンパルシータ
訳もなく涙さしぐむ者達の居場所―宵待草
双子の約束された場所―ミニヨン
凡庸な君の異常なる才能に就いて―ミカワ喫茶糸きりだんご
嘘の風景と或る乙女に就いて―クラシック
素人仕事の贅沢―ミルクホール
二〇年代のレコードをマグネチックスピーカーで再生する理由―ヴィオロン
王国と夢見る力―スカラ座
モンチッチの誇り―光

の12店。
アンティークな内装、営利意識の欠如。
クラシック、ジャズ、タンゴ、こだわりのレコードを回し続ける趣味の部屋。
我々の生きる日常と別の時が流れる異空間が現出します。

登場する「君」&「僕」も、他人に容れられぬ拘り、矜持を持った変人たち。
TPOを選ばぬロリータスタイル、狂おしいほどのプラトニック・ラブ。

安易な理解を許さぬ彼らのスタイリッシュ、
それでもなお見守ってやりたいと思わせるのが本書。

既に閉店した店もあるようですが、
孤独で、閉じた「君」&「僕」は、
居場所を守り続けることができるのでしょうか。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ その他小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:やさしい気持ちになれる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/222-f666af5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。