ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくりサーカス(40)
★★★★☆
著者:藤田和日郎 出版社:小学館
定価:410円 出版年月:2005年12月

ついに勝の脳への、フェイスレスの記憶転送が完了した。
完全にフェイスレスの人格となった勝は、
その一部始終を見ていたグリポンに、
エレオノールとふたりで宇宙へ飛び立つための筋書きを語り出す。
一方、平馬・リーゼ・リョーコは、
城内でOや自動人形相手に苦闘を強いられていたのだが、
危機一髪のところでアルレッキーノが加勢に現れて…
(amazon.co.jpより)


モン・サン・ミッシェル編、最終巻。
キラリ光るは人造人間の涙。
才賀ファミリーの遺産争いに幕を開けた本作もついに40巻目。

マサルvsフェイスレス、
リーゼら仲間たちvsオートマータ4人組に一応の決着。

悪魔の技術ダウンロードに対する秘策が「あれ」とは・・・
理解はできても納得しかねる部分あり。

今回一番光ってたキャラクターはコロンビーヌ

ディアマンティーヌとの戦いの決着は如何に。
誰かに力いっぱい抱きしめてもらうという願いはかなうのか。

180年動いてきて何もないよ
心なんかないはずの自動人形のくせに、グっとくるセリフを吐きやがる。

思えば、物語の主題は、
フェイスレス(ディーン)のしつこい横恋慕にシフト。
でも、ボクの心を揺らし続けるのは、しろがね・オートマータら。

復讐のため人であることを捨てた者、
自動人形を笑わせるために作られた人ですらない物、
彼らの言葉、行動がなぜここまで心を打つのか。

エンディングまで、まだ曲折ありそうですが、
人ならぬものたちのドラマ、決着を見届けてやるつもりです。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:コミック - ジャンル:本・雑誌

コメント
私もブログ作りました☆
http://blog.livedoor.jp/ai_kojima2000/写メもあるので恥ずかしいケドがんばって作ったので見に来てください!
[2006/01/13 23:12] URL | 愛 #- [ 編集 ]


愛さん、コメントありがとうございます。
写メ見たけど、結構かわいいぢゃないですか。
また見に来てください。
[2006/01/15 12:04] URL | yoshi #sSHoJftA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/223-f8781042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。