ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陣借り平助(by宮本昌孝)
評価:★★★☆☆
著者:宮本昌孝 出版社:祥伝社(文庫版あり)
文庫⇒定価:650円 出版年月:2004年4月 ボリューム:378P

「魔羅賀平助、ご助勢仕る」
緋色毛の愛馬を駆って颯爽と戦場に進み出る巨躯の若武者。
人呼んで“陣借り平助”。
四尺の長刀を腰に佩く並はずれた勇者であった。
必ず劣勢の陣に加勢する平助は今、
無謀にも今川義元の最強兵団に立ち向かう
織田信長に陣を借りていた…。
将軍義輝をして「百万石に値する」と言わしめた平助の戦ぶりを
清冽に描く、一大戦国ロマン。
(amazon.co.jpより)


爽快&痛快
戦場往来、旗色の悪い方に参陣する平助の活躍。







前半は、桶狭間合戦や川中島合戦といった戦国の有名合戦への参加を通じて、
平助の強さ、優しさをアピール。
特に北条綱成の娘 勝鬨姫のPTSD(笑)を救う掌編は秀逸。
笑いあり、情けあり、活劇あり
時代エンターテイメントの要素が詰まってます。

後半は、日本人離れした平助の生い立ちの秘密が明らかに。
ただ、前半に比べるとパワーダウン・・・
エンディングもちょっと肩透かしかな。

常に弱い者に味方し、豪力を振るう平助。
その活躍は爽やかの一語。
マンガを読んでるみたいな激しく分かりやすい展開も◎。
「歴史小説って難しいんでしょ?」って言う人に読んでもらいたい1冊。

⇒ 『剣豪将軍義輝』のレビュー
⇒ 『義輝異聞・将軍の星』のレビュー
⇒ 『風魔』のレビュー
⇒ 『尼首二十万石』のレビュー

☆この作品を紹介しているブログ☆
つらつら読書雑記さん
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/23-ae0c3b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。