FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

教養としてのロースクール小論文
著者:浅羽通明 出版社:早稲田経営出版
定価:2100円 出版年月:2005年6月 ボリューム:448P

パターナリズムと愚行権。自己決定と自己責任。臓器移植。
出生前診断。グローバリズム。環境問題。インフォームド・コンセント。
クオリティ・オブ・ライフ。パワー・ポリティクス。
9・11とテロリズム戦争。イラク戦争と「帝国」アメリカ。宗教と人権。
日本人と「世間」…
ロースクール(法科大学院)入試の小論文試験で必要とされる
予備知識=教養は、「現代の論点」でもあった。
これらの多彩なトピックとその背景にある思想・学問を解説し、
受験生に大好評を博した講義を収録したのが本書である。
『木更津キャッツアイ』から『論語』までを縦横に引用する語り口は軽妙。
応用倫理学、公共哲学といった
アカデミズムの最新議論を踏まえた内容は本格派。
「これ1冊で大丈夫!」という小論文用参考書が欲しい
ロースクール受験生はもちろん、
各種小論文試験のネタを仕入れたい学生・社会人に最適な一冊。
加えて、世の中について考えるヒントが欲しい―
と考えるすべての知的な人たちにも、こっそりお薦めしたい。
(amazon.co.jpより)


現代最高の知性?浅羽通明がぶった斬るロースクール入試。
最初に断っておきます。
ロースクール入試において課される小論文を解くにあたり、
この本で浅羽氏が語ることは直接的には役立ちません。

本の内容も、
各大学院の入試問題(主に課題文)を取り上げつつ、
そこで問題になっているテーマについて浅羽氏の知識、見識を披露。
知的オナニーに近いものがあります。

もちろん、鋭さは流石、
質・内容も資格試験予備校の講義でありながら大学の講義に匹敵。
現代社会が直面する問題について理解を深めたい人には最適の本。

しかし、
ロースクール受験生にとって何より役に立つのが浅羽氏が挙げる参考文献。
テーマはそれぞれ限定されるものの、
各問題について分かりやすく内容の濃い文献を5冊前後提示してくれてます。
ボクの受けたロースクールの今年の入試、
ズバリここの参考文献から出題されました。
一読していたものだったので、本番中も安心。
ゆとりをもって問題を解けました。

「小論文? 何やっていいのか分かりません!」って人、
「何書いていいのか分からない!」って人、
ここに挙げてある参考文献を読んでみるといいと思います。
小論文への取っ掛かりを与えてくれるはず。

お役立ち度:(余裕があれば読んで損なし!)

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:ロースクール本 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/234-de38ef29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する