FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

屍鬼(by小野不由美)
評価:★★★★☆
著者:小野不由美 出版社:新潮社(文庫版あり 全5巻)
文庫(新潮①)⇒定価:780円 出版年月:2002年1月 ボリューム:583P

人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、
未だ古い因習と同衾する外場村。
猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。
山深い集落で発見された三体の腐乱死体。
周りには無数の肉片が、
まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。
闇夜をついて越して来た謎の家族は、
連続する不審死とどう関わっているのか。
殺人か、未知の疫病か、それとも…。
超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。
僻村「外場村」を舞台に人間と吸血鬼の戦いを描く。
(amazon.co.jpより)


投げないで下さい




            



ホラーじゃねぇじゃんと言って、1巻で読むのを止めないでください。

文庫にすると5巻の超長編。
単行本もブ厚い2巻構成(しかも、2段組)。
ボクも上巻途中で挫折しそうになりました。

しかし!
序盤に村や人物の描写に播かれたタネが、
後半、見事な実りをもたらします。

村の人間関係の精密な描写と後半のスリリングな戦闘描写が対照的。
小村にじわじわと広がる死と闇の領域。
恐怖は幾何級数的に増幅します。

繰り返しますが、「ホラーじゃねぇじゃん!」と言わず、
下巻まで読んでください。
後悔しないだけの恐怖とスリルが約束されてますから。

☆この作品を紹介しているブログ☆
おうちしごと日報さん
「サコの読書日記。」さん
ECCENTRICS.さん
STAY GOLD ☆さん
読書人まるこさん
スポンサーサイト



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

こんにちは。TBありがとうございます。
たしかに1巻で挫折しそうになりますよね。それを我慢すると怖いとこに行き着くのですよね。
でも怖いだけでなく、なんだか考えさせられました。
小野不由美さんてすごいな~と思ったので、ほかの本も読みたいと思いました。
[2006/09/10 18:03] URL | yuri@おうちしごと日報 #- [ 編集 ]


TBありがとうございます!
序盤の「細か過ぎるんじゃないのか?」くらいのこまっかい描写は、実は何処にも無駄は無いんですよね!!物語が進むにつれ、一片の無駄も無いストーリーテリングに驚愕させられました。あの文量は、必然だったんですね。インパクトの大きい物語でした。
また遊びに来させていただきます♪
[2006/09/10 23:33] URL | ビーグル #- [ 編集 ]


yuriさん、ビーグルさん、コメントありがとうございます。

重厚かつ細心、ボリュームもインパクトも満点のホラーですよね。
前半のじりっじりっとした物語と、後半の一気呵成のアクション。
これだけ作品内で雰囲気が変わる本も珍しいのでは。
また、この人の書くホラーを読んでみたくなりました。

是非是非また遊びに来てください。
[2006/09/11 09:32] URL | yoshi #sSHoJftA [ 編集 ]


タイヘン遅くなりましたが...こんにちは、TBありがとうゴザイマス。
私は、一度挫折しかかりました。
100ページほど読んで1年放置しましたね...
1年後に今度は腰をすえて読んで2日で読みましたが。
今でも時々読み返す作品です。
投げてはないですが、BLOGにも書きましたが顔面には落としました...

稚拙なサイトですがよろしければまたお越しくださいませ。
[2006/09/15 10:06] URL | Trickster #- [ 編集 ]


こんちは、Tricksterさん。

僕は最初の50ページの「冗長」にイライラしました。
全然吸血鬼出てこねーじゃん!!!って。
でも、後から考えるとそこがあるから本全体の雰囲気が締まるんだな、と。
前半の緻密さと後半の一気呵成のコントラストが素晴らしい作品です。

それにしても、あれを顔面に落とすとは・・・
鼻潰れませんでした?

また遊びに来てくださいな。
[2006/09/16 09:01] URL | yoshi #sSHoJftA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/24-7116be96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『屍鬼』

今日は久々にブックレヴューでも。少し前から読んでた大長編をよやっと読み終えたので!ご紹介しようと思うのは『屍鬼』 小野不由美サンです。まずはあらすじを。カギカッコ内は引用。「人口千三百余、三方を山に囲まれ樅を育てて生きてきた外場村。 猛暑に見舞われたある
[2006/09/10 23:29] STAY GOLD ☆

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する