ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曹操残夢
★★☆☆☆
著者:陳舜臣 出版社:中央公論社
定価:1785円 出版年月:2005年7月 ボリューム:360P

父曹操亡きあと、魏の文帝となった曹丕と詩人として名高い曹植の兄弟、
そしてその子孫たちはどのような運命をたどるか。
傑作『曹操』の続篇。
(amazon.co.jpより)


語られることの少ない曹操後の魏史。
『蒼天航路』の続きが気になる方、是非どうぞ。
三国志の中では曹操が一番好き。
治世の能臣、乱世の姦雄
詩文にも長け、レオナルド・ダ・ヴィンチも真っ青の万能人。
父を殺されての徐州大虐殺など、
感情の脆さ、激しやすさも見え隠れ。
荀、程、郭嘉など才能ある人間が惹かれたのも分かる気がします。

そんなカリスマ曹操死後の魏王朝を描いたのが本書。
前半は曹丕と曹植の後継争いが中心。
互いの才能を知り、認めあっていた兄弟が対立する経緯。
随所に散りばめられる曹植の詩、1000年以上の時を越え想いを伝えます。
そして、曹丕の妻甄氏と曹植の関係・・・

後半は司馬氏と曹一族の争い。
司馬仲達という老人の凄まじさ。
権力争いの権化として描かれています。
前半とは打って変わった激しい展開です。

魏 ⇒ 皇族を弱め、臣下にとって代わられる
晋 ⇒ 皇族を重用、皇族間の争い(八王の乱)を招く

という歴史分析も鋭い。

遼東平定や蜀滅亡、
三国志を途中で挫折し、よく分からん!という人も多いはず。
この本で三国志の決着を読んでください!

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:三国志全般 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/248-7e6f76ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陳舜臣「曹操残夢」

以前、陳舜臣氏の「曹操-魏の一族-」の読書感想を書きましたが、今回はその続編の「曹操残夢」の感想です。ひとことでいえば、前作よりまだ面白かったです(笑)けど冷静になってみれば、前作の「曹操」が上下巻で曹操一代記だったのに対して、今作がたった一巻で曹丕~曹..
[2006/03/12 23:25] 蒼天三国志blog

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。