ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獅子の座
★★★☆☆
著者:平岩弓枝 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫(文春)⇒定価:670円 出版年月:2003年10月 ボリューム:416P

室町幕府の全盛期を築いた将軍、足利義満。
冷徹な計略で天皇の地位をも狙う野望を抱きつつ、
絢爛たる北山文化を繁栄させ、世阿弥と耽美な交わりを結ぶ。
しかし、栄華の裏で、義満は、乳人への秘めた恋心に苛まれていた。
その孤高な魂に去来する思いとは。
新たな視点で、人間・足利義満を描いた渾身の歴史小説。
(amazon.co.jpより)


天子の位を窺う獅子、その叫びに帯びる悲しみの色。
室町幕府第3代将軍足利義満。
南北朝の合一、日明貿易、金閣寺建立・・・
足利将軍は、義満と義政だけ覚えてる人も多いはず。

でも、彼がどんな人間だったか、どんな一生をおくったのか。
ボクは殆ど知りませんでした。

人間義満を描いたのが本書。
第1章「青龍」⇒運命の人、玉子との出会い、室町幕府揺籃期。
        義満を必死で盛りたてる細川頼之夫妻が印象的。
第2章「朱雀」⇒義満の朝廷デビュー。黄金の青年期。
第3章「白虎」⇒山名、大内ら有力守護との争い、義満の権力は頂点へ。
第4章「玄武」⇒皇位簒奪の陰謀、朝廷の切り札イケメン坊主満済の苦悩。

緻密に計算された構成。
第1章で乳母玉子との魂の交流をしっかりアピール、
王者義満の抱える脆さを読者に納得させます。
そして、第4章の盛りあがり。
二条良基から刺客として送られた満済。
次第に義満の魅力に惹かれ。。。
満済の苦悩、義満の野望、この章だけ取り出しても読み応えのある小説です。

男色家義満と世阿弥、満済の耽美な交わり。
(と言ってもベタベタではなく、男のボクが読んでも我慢できるレベル)

中世日本が生んだ一人の英雄、
彼の夢、野望、孤独、知らずに済ますには刺激的すぎます。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/251-386a01ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。