ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着信アリ2
★★☆☆☆
ポイント:ナオト(吉沢悠)の悲恋
監督:塚本連平 公開:2005年1月
出演:ミムラ、吉沢悠、瀬戸朝香、ピーター・ホー

不審な着メロで着信した電話を取ると、奇妙な動画が流れる。
それはケータイに出た人間の死を予告する、"死の予告電話"だった。
やがて保育士・杏子の周囲で、
この死の予告電話による不審死が続出する。
ルポライターの孝子は昨年の事件との共通点を探り、
今回の事件の鍵が、台湾にあると推理。
真相を突き止めるために台湾に渡った2人は、
そこで生きながらにして口を縫われた
不幸な少女リー・リィの忌まわしい事件を知るのだが…。
(amazon.co.jpより)


前作はすげー怖かった。
廃病院で迫ってくる美々子の母親のゾンビ、ガクガクブルブル。。。
終わらない死の連鎖、起源は台湾だった?
着信の呪いは終わっていなかった!
ミムラ演じる杏子の周りで相次ぐ死。
事件を追うジャーナリスト孝子(瀬戸朝香)は台湾へ。

なぜ台湾か?
美々子の祖父の出身が台湾だからです。
明らかになる美々子ファミリーのルーツ、
そして、台湾で村を一つ滅ぼした「死を告げる少女」李麗の呪い。

途中まではかなり惹きつけられる展開でした。
そして、吉沢悠演じるナオト。
杏子を守ろうとするひたむきさ、エンディング・・・
鬱陶しいタンクトップって第一印象を見事に裏切ってくれます。
素直にかっこいい&かわいそう。

でも、台湾で繰り広げられる物語のオチは・・・。
「由美の内なる悪魔が目覚めた」ってどういうこと?
石橋蓮司のダンディー刑事はどうなったの?

正直ハぁ?ってエンディング。
この部分の日本で何が起こっていたのか。
『着信アリ3』を作ってハッキリさせて欲しいでやんす。

⇒ 映画の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/253-44facf9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。