ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛利一族
★★☆☆☆
著者:古川薫 出版社:文藝春秋
定価:1529円 出版年月:1997年3月 ボリューム:243P

元就、息子の隆元、元春、隆景、孫の輝元―
西国に君臨した毛利三代を描く。
(amazon.co.jpより)


中国の覇者、毛利一族。
覇業を支えた一門衆の姿を活写するのが本書。
「山口市には美人は生まれない」という民間伝承『姫山伝説』。
眉唾ものの民話に隠された毛利輝元による家臣の妻略奪の事実。
誰が黒幕、誰が貧乏くじを引いたか。
――『二の丸様誘拐』

関ヶ原の戦い後、周防・長門2カ国に押し込められた毛利家。
大坂の陣に再起をかける輝元の秘策とは?
↑とは別の策謀家としての輝元像を描き出す。
――『陰謀の山河』

ザビエルとともに日本に渡ったスペイン騎士アンヘル。
陶晴賢の謀反に乱れる山口、ザビエルと別れ海賊人生を歩む。
――『騎士アンヘルの望郷』

大内遺臣にあって毛利に抵抗し続けた勇将 山崎興盛。
絶望的な篭城戦を描く。
――『沼城の桜』

突如訪れた嫡子隆元の死。消えない毒殺の疑惑。
迫る自らの老い、死に焦る元就の苦悩。
――『老将』

毛利最強の男、吉川元春。陶晴賢との関係、文人としての一面。
戦場を往来した彼が最期に見る景色は。
――『暁の霜』

優秀な者、そうでない者、こぞって一族を盛りたてる。
策謀の鬼と呼ばれる元就ですが、身内や降伏してきた敵には甘い面も。

豊富な資料を丁寧に検証。
説得力溢れた毛利一族興亡記。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/273-9c070c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。