FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天竺熱風録
★★☆☆☆
著者:田中芳樹 出版社:新潮社
定価:1680円 出版年月:2004年10月 ボリューム:306P

太宗皇帝の命を受け、
王玄策は、長安から遙かインドに向かう。
苦難の旅路を経て、ようやく辿り着いたマカダ国では、
政権を奪った悪王が人びとを苦しめていた。
義に厚い好漢は怒りに震える。だが彼に頼るべき兵はない。
国際政治に通じた王玄策は、軍勢を得るため、ある計略にすべてを賭けた。
その知力で、強大な敵を破った中国史最強の文官、鮮烈に登場。
(amazon.co.jpより)


敵地で軍勢を調達、3倍以上の敵軍を打ち破る。
こんな漢、見た事ねェ。
王玄策。
中国人。唐の人。
知ってる人は殆どいないはず。

彼のスゴイとこ①:7世紀にインドへ3回も行った(by徒歩)
彼のスゴイとこ②:数万のインド軍を2度も撃破(@インド)
彼のスゴイとこ③:これだけの功績を残して歴史に名を残さず

本書は、王玄策の2度目のインド行を取り上げ、
彼が如何にしてインドで大軍を破り、王を捕虜にしたかを描きます。

冒頭はこの先どうなっちゃうの?ってくらいつまんなかった。
でも、インドに行ってからはジェットコースター。
活劇の連続、インド王の処遇も含め、結末も爽やか。

ライトでクールな異文化ロマン。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト



テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/284-f4f0fb67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天竺熱風録

田中芳樹「天竺熱風録」。装画:伊丹シナ子出版:新潮社、2004年。唐から天竺まで、三度もはるばる旅をし、三度とも生きて帰った驚異の人、王玄策の話です。一度目と三度目はさしたる事件もなく、まずまず順調に旅を終えたようですが、問題は二度目の旅。ちょうど政変騒動の
[2006/02/23 09:53] 今日読んだ小説を語る。

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する