ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一の太刀
★★★★☆
著者:柴田錬三郎 出版社:新潮社(文庫)
定価:620円 出版年月:1987年9月 ボリューム:436P

巨岩をも一刀のもとに斬り断つ必殺の剣「一の太刀」。
その80年の生涯に、偽剣、真剣を合わせて戦うこと百余度、出陣37度、
ひとたび戦えば風のように早く―、
しかし戦功譚や逸話はほとんど残さなかった天涯孤独の兵法者塚原ト伝。
あえて勝を制するを欲せず、敗れを取らざるを期す。
戦乱の世をおのれの剣のみに生きた一代の剣豪の生涯を描く
表題作はじめ全13編を収録。
(amazon.co.jpより)


戦国、江戸、幕末、
時代は違えど、己の信じる道を邁進した男と女。
行きつく先に待っているものは、、、
コンテンツは、

河内山宗俊
刺客心中
異変助太刀記
一の太刀
若武者最期
カステラ東安
生田伝八郎
かたくり献上
殺生関白
血汐弁天
豪傑
雪の炎
あげまき助六    の13篇。

まず「河内山宗俊」
江戸城の小者坊主の家に生まれた宗俊。
身分に似合わぬ才知・胆力。
権力者中野碩翁と出会い、
大名・旗本相手に男伊達を尽くすが・・・
粋、江戸っ子ぶりに拘り続けた男の最期、グッときやがります。

「若武者最期」
武勇を誇る若武者仁科信盛。
信濃の小城で愛する母と築く閉鎖的な世界。
織田軍の侵攻にどう対処するか。

そして「カステラ東安」
異人の子孫ながら秀吉に認められ長崎奉行に登りつめた男。
商人の身でありながら台湾へ兵を送るほどの大立者。
そんな男が突如火あぶりに。。。
彼を良く知る老僕が明らかにする東安の秘密。
夜な夜な繰り広げられる地獄絵図とは。
秀吉に自分の血入りのカステラをくらわせた豪気者、その最期。

唸らせてくれる逸品ぞろい。
時代小説かくあるべし。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの作家 - ジャンル:本・雑誌

コメント

突然の投稿失礼いたします。
限定スパイウェア駆除ソフト無料提供
今なら無料。。。
http://file.vidr.jp/download.php?file=vidoctorsetup.exe&filerename=vidoctorsetup_x178511c.exe
http://www.vidr.jp
[2006/02/22 14:47] URL | kokomo #X6AIgIjQ [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/285-a76f420e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。