ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲の涯-甲斐武田二代合戦記
★★★☆☆
著者:古田十駕 出版社:文藝春秋
定価:2500円 出版年月:2002年6月 ボリューム:517P

領地を、権力を守るために権謀術数を駆使した武将たち。
時には我が子、兄弟までを手にかけねばならなかった。
苛烈な戦国時代を武田信虎、信玄の親子を通して描く傑作歴史小説。
(amazon.co.jpより)


信玄はともかく、
武田信虎の甲斐制圧、
今まで読んだことある人いないでしょ。
新羅三郎義光以来の源氏の名流、武田。
とは言え、山国甲斐を治めるのは至難の業。
大井、小山田、穴山、山で隔てられた地に巣くう有力土豪。

彼らを如何に威服せしめ、家臣化するか。
この難題に取り組んだ信虎。
そして、信虎の作り上げた家臣団を無傷で引き継いだ信玄。

親子二代にわたる甲斐・信濃征服クロニクル。

複雑怪奇な信濃の戦国事情をクリアに説明するなど、
資料を読みこなし、リアリティ溢れる合戦絵巻を繰り広げてくれます。
そして何よりスゴイのが、
信虎から信玄への主人公の転換。
前半の主人公信虎の駿河追放を如何に無理なく描くか。
本書は見事にこの課題をクリアしてます!

物語の合間に登場する弥助、陰、ちかなど脇役の魅力もヒカル。

本格派時代小説が読みたい方、是非チャレンジしてみてください。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/290-113c2516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。