ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バキ外伝疵面-スカーフェイス(2)
★★★☆☆
著者:板垣恵介(イラスト:山内雪奈生)出版社:秋田書店
定価:580円 出版年月:2006年3月

史上最強の喧嘩師・花山薫の巨拳が唸る!!
花山薫の無敵伝説の数々が、今語られる!!
炸裂する必殺・握撃!!
本物の侠(オトコ)が魅せる、素手喧嘩(ステゴロ)の激闘を刮目しろ!!
(amazon.co.jpより)


↑の!に値するだけのド級格闘マンガ。
監獄の鉄扉を粉砕した1巻(⇒レビュー見てね)に引き続き、
2巻ではホオジロザメと激闘を繰り広げる!!
半年近くお預けを食わされたレックス戦、
前振りの割にはあっさりとした結末。
と言うか、戦いになってないのでは・・・
ただ、花山が去り際にまくトランプのさくら吹雪、見事です。

そして、メインイベント、ホオジロザメ戦。
体長10メートルを越えるサメと水中で戦う・・・
口の大きさはドラム缶、シャチでも象でも飲み込む・・・
いくら何でもそりゃ無茶です。
勝てるわけがない。
それなのに、
負けるはずがないとばかりに勝ってしまうのが板垣ワールド。

そして、ボクらに大事な事実を伝えてくれます。
それはマンガは情景を客観的に描写するのではなく、
主観的に、感情を込めて情報を伝えるものであるということ。
サメと花山の体のバランスが、コマごとに違うのもそのせい。
サメの強さを伝えたいときには、当然サメの方がでかくなる。
純粋な物理法則には従わないのです。
著者がいい加減なせいではないのです。

さらに後半では新たな敵が・・・
花山を評して
規格外、あそこもデカそう
って、どんな変態だろう。
多分、
3巻では人間の原型を止めないくらいボコボコにされてしまうのでしょう。

ストーリーでハラハラドキドキはありませんが、
事実、客観性のこの世界に飽きた方、
板垣ワールドへどうぞ足を踏み入れてください。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/304-87f195c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。