ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風魔
著者:宮本昌孝 出版社:祥伝社(全2巻)
上巻⇒定価:2205円 出版年月:2006年3月 ボリューム:509P

戦闘者として稀代の能力を持ちながら、
誰にも縛られることなく風のように自由に生きた
天下一の忍びの爽快なる生涯を描く時代ロマン

三十万の上方勢に闘いを挑む!
秀吉を脅かし、家康が最も懼れた男??
身の丈七尺の巨躯、南蛮人と見紛う異相、桁外れの迅さと膂力。
深山を駆け、幽谷を疾る??
箱根に「風神の子」ありと武将たちから恐れられた英傑がいた!

「秀吉と家康を同時に討てば、おもしろいだろうな」
ほんとうにおもしろそうに、小太郎は言った。……
小太郎の黒耀石を想わせる双眸に、強い光が宿った。(本文より)

時は戦国。天下取りを狙う群雄が割拠し、
忍び衆が諸国を暗躍する時代。
関東の雄・北条氏征伐のため、
豪壮な陣城から小田原城を睥睨する豊臣勢。
北条氏百年を陰で支える風魔一党の束ね風間小太郎は
主君一門を救うための奇策を講じた!
(amazon.co.jpより)


『剣豪将軍義輝』でボクの人生観を変えた宮本昌孝。
3年ぶりの新刊です!
歴史小説の体を取りつつ、
「命を燃焼させること」の素晴らしさを伝える宮本作品。
ボリュームは過去最大、中身は如何に。

題材は風間小太郎。
『花の慶次』では秀吉暗殺を企て、
前田慶次&豊臣忍びと血戦を繰り広げました。
爆弾や瓢箪幻術で豊臣忍びを惨殺していった怪人・・・

容貌魁偉。
牙が生えてたとか身長が2メートル近くあったとか、
無茶苦茶な伝承があります。

そんな戦国の怪物を宮本昌孝がどう描くか。
「風魔」でなく「風間」となっているのにも理由がありそう。
秀吉&家康という英雄をどう描くか。
メインの敵役になっていくはずなので、人物造型が楽しみです。

さっそくamazonで注文。届くのが楽しみだぎゃ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/318-8bf7ea03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。