ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Op.ローズダスト
著者:福井晴敏 出版社:文藝春秋(全2巻)
上巻⇒定価:1890円 出版年月:2006年3月 ボリューム:554P

二〇〇六年秋、
“ネット財閥”アクトグループの役員を狙った連続テロが起こる。
実行犯は入江一功をリーダーとする
「ローズダスト」を名乗る五人グループ。
警視庁の並河警部補は防衛庁情報本部の丹原朋希と捜査にあたるうちに、
朋希と一功の間の深い因縁を知る。
かつて二人は防衛庁の非公開組織「ダイス」に所属し、
従事していた対北朝鮮工作が失敗、
二人が思いを寄せていた少女が死んだ。
朋希を除く生き残った工作員たちはテロリストとなり、
アクトグループ役員となった元上官に復讐しようとしているのだと……。
互いを理解しながら憎しみあう二人の若者と
彼らを取り巻く人間たちの群像劇を通して、
壮大なスケールで描くサスペンス・アクション。
(amazon.co.jpより)


3月は新刊ラッシュ。
宮本昌孝に続き、福井晴敏まで新刊を出すとは。。。
さっき『風魔』の注文を出したところ、
新聞を眺めたら、この本の広告が。。。

ウーム、『風魔』を読み終えたら買うことにしよう。

『亡国のイージス』、『終戦のローレライ』、『戦国自衛隊』・・・
ちょっと前まで「軍オタ」が独占してた分野の面白さを広める伝道師。
自衛隊のかっこよさを「発見」したコロンブス。

キャラクター造りも巧い。
シブくてタフなおやじ、脆いけど純真な青年、超能力を持つ薄幸の少女・・・
(同じような人物が多いのは気になりますが。ZARDの曲みたい。)
緊迫感溢れるシーンの描写も巧い。

いわゆる「軍事ドラマ・陰謀ドラマ」をベースに、
日本独自のエッセンス(自衛隊に対する法的、社会的制約)を加味。
かっこよさとリアリティの両立という極上の美味を生み出す。

二次大戦を題材にした『終戦のローレライ』は正直?な出来でしたが、
本作は現代(2006年)が舞台。
『亡国のイージス』ばりのエンターテイメントが期待できるかな。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/319-6236d277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。