FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

幽斎玄旨
★★☆☆☆
著者:佐藤雅美 出版社:岩波書店(文庫版あり)
文庫(文春)⇒定価:710円 出版年月:2001年12月 ボリューム:472P

肥後の大大名細川家の基礎を築き、「神道歌道の国師」とも称された幽斎。
第十三代将軍義輝の異母弟として生まれ、
室町幕府の名門細川家の養子となり、足利将軍家二代を支え、
それでいて信長、秀吉、家康のいずれからも厚遇を受けた。
戦国動乱の興亡を如何に生き抜いたのか、
その出処進退の鮮やかさと諸芸に通じた文人武将の生涯。
(amazon.co.jpより)


歌、書、料理、鞠、剣・・・
諸芸を極めた戦国の万能人。
でも、一番優れているのは、
世渡り術

室町幕府のサラブレッドでありながら、
信長、秀吉、家康、移りゆく覇権にピッタリと添い寄る。
勝竜寺の数百貫でスタートした所領は、肥後一国五十万石へ。
勝ち馬に乗り切った人生と言えるでしょう。
それでいて、
歌道や学問、教養を背景に生臭さを感じさせないところが見事。

佐藤雅美が描く幽斎も↑のとおりの生き方上手。
幕臣としては格下の信長との関係に苦慮する様、なかなか面白いです。

でも、淡白に描きすぎてるような・・・
ツルツル素麺を食べてるような感じ。
もう少し「凄み」というか「怖さ」というか出しても良かったと思います。
時代の先読み師としての側面にもう少し着目して欲しかったな。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/321-1dbe1528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する