FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

たけしくん、ハイ!
★★★☆☆
著者:ビートたけし 出版社:太田出版(文庫版あり)
文庫(新潮)⇒定価:580円 出版年月:1995年4月 ボリューム:135P

気が小さくて、酒を飲まないと何もいえなかったおやじ。
酔っぱらうと「バカヤロー」が口癖で、おふくろには頭が上がらなかった。
おふくろは、やたら教育熱心で、秀才の兄きが自慢の種だった。
俺は遊びに夢中だった。
何もない時代だからこそ、いろんなことに熱中できたんだ。
ガキの頃の感性をいつまでも大切にしていきたいと思う。
―遊びの天才だった少年時代を絵と文で綴る。
(amazon.co.jpより)


せいせいせい、
子供を殺そうとしてるお父さん、親を殺そうとしてる中学生、
ちょーっと待ったー!
つい最近も家に火をつけ、妹を焼き殺してしまった中学生、いましたよね。
こんな殺伐とした時代だからこそ読みたい本。
家族って何なのか、血のつながりって何なのかを考えさせてくれる本。

でも、単純にみんな優しい、思いやりいっぱいって家族賛歌でもない。
子供は親を出しぬこうと必死だし、母親は子供に勉強させようと必死。
生ぬるい優しさの家族ではなく、
生きていく事すら大変な時代の厳しい家族。

光るのは父親への思い。
尊敬でも軽蔑でもなく、
「しょーがねぇなぁ」って愛情。
親のことを余裕をもって思えるのが大人の証なんだろうな。
ただ、父親・菊次郎の行動は実際に変てこりんなものばかり。
釣りのエピソードには声を出して笑いそうになってしまった。

母親の常軌を逸した教育ママっぷり(懐中電灯で照らして・・・)も
コミカル。

親を、子を殺したくなったら是非読んでみてください。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 『菊次郎とさき』のレビューへ。
スポンサーサイト



テーマ:心を強く幸せに出来る本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/329-0ec80d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する