ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルータワー
★★★☆☆
著者:石田衣良 出版社:徳間書店
定価:1785円 出版年月:2004年9月 ボリューム:445P

平凡な一人の男が、天を衝く塔を崩壊から救う。
高さ2キロメートルの塔が幾多の危機を越え、雲を分け聳え続けるのだ。
世界を救うのは、夢みる力! 魂の冒険と愛の発見の物語。
石田衣良の新たな挑戦―心ゆすぶられるヒューマン・ファンタジー。
(amazon.co.jpより)


末期ガン患者、200年後の未来を救う!
設定はピュア100%のSF。
末期ガン脳患者の意識がタイムトラベル。
200年後の子孫の体を借りて未来を舞台に活躍。

この200年後の世界の設定がおもしろい。
人類はウィルス戦争で壊滅寸前。
生き残った富裕層&技術者は地上2キロの塔に住み、
残りの多数は「地の民」(平均寿命30歳!)、モグラ族などに。
貧富の差、生活レベルの差は絶大。相次ぐ地の民の自爆テロ。
現代社会の南北問題を投影した構図。

住んでいる高度がステータスを意味するこの世界、
現代人・瀬野周人は予言通りの救世主となれるのか。

登場人物、設定、都合良すぎだろ!って面も多い。
「未来を救うために最新のウィルス情報を教えてくれ」って言われて、
素直に信じるやつ、いないでしょ。
現世&未来のタケイリーナ、男にとってホントに都合のいい女。
主人公にベタボレで言う事は何でも聞くし、体もすぐに開く・・・
しかも、あんな形で未来を救うとはね。

でも、石田衣良の文章力が怒り・疑惑を消し去っちゃいます。

それにしても、
200年後の世界より新宿ホワイトタワーでの億ション生活の方が、
現実感に乏しい・・・
バブル期でもあるまいし、2億円以上で売れるマンションって。。。
貧乏人には想像もつかない間取りなんだろう。

手に取った感じの割にはボリュームもある本。
サクサクと読めるので通勤・通学にどうぞ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 『アキハバラ@DEEP』のレビューへ。
⇒ 『少年計数機―池袋ウエストゲートパークⅡ』のレビューへ。
⇒ 『てのひらの迷路』のレビューへ。
スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/331-f7238e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。