ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤真の司法試験「科目別」攻略法
著者:伊藤真 出版社:中経出版
定価:1680円 出版年月:2002年5月 ボリューム:238P

司法試験は6科目あり、法律ごとに合った勉強をしないと極めて効率が悪い。
科目間でバランスのとれた勉強をするためのノウハウを紹介していく。
法律ごとに答案の書き方、試験のポイントなどを解説。
1998年刊の第2版。
(amazon.co.jpより)


伊藤真の司法試験合格マニュアル。
司法試験の受験科目、憲法、民法、刑法、商法、民訴法、刑訴法。
本書はこの6科目について、
①全体像(公法、私法、訴訟法というタイプから見た勉強法)
②各科目の勉強法(メリハリの付け方、時間のかけ方など)
を説明してくれます。

司法試験指導のプロだけあって、説明には説得力あり。
かゆいところ、受験生が不安に思うところに手が届く内容。

「合格者が選んだ基本書」コーナーで6科目の基本書の紹介もあり。
巻末には重要度ランクを付けた判例百選の目次もあり。
純粋に試験勉強対策を吸収する本としては過不足なし。

でも、それだけじゃないのが伊藤真のスゴイところ。
散りばめられた「人生訓」というか「生き方アドバイス」というか。

例えば、184ページ、
司法試験の勉強で重要なのは、知識を詰め込むことではありません。
知識を血肉にすることです。
言いかえれば、本当に心でわかるということです。
何度同じことを聞いても、そのつど考えることが違うはずなのです。
もしも同じなら、自分が進歩していないということにほかなりません。


良いこと言うね。
ボクが受けるのは新司法試験で科目に変動はあるものの、
勉強のし方・試験に必要な内容は大きな違いは無いはず。
法律学山脈の道標に是非。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

スポンサーサイト

テーマ:司法試験・資格試験・語学試験 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/332-ceeabf19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。