FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

魔将軍
著者:岡田秀文 出版社:双葉社
定価:1890円 出版年月:2006年3月 ボリューム:389P

「かりに予が将軍となれば、あくまで予は予の姿勢を貫き通すであろうぞ。
さすれば守護大名や宿老たちが予を将軍へ推したことを後悔するであろう」
―そう言い、くじ引きで将軍の座についた六代将軍・足利義教。
“威をもって治める”を旨とし、
強い幕府、強い組織をつくるため次々と改革を断行するその姿は、
後世の指導者たちが目指すところとなった。
信長も秀吉も家康もみな、この男の真似にすぎなかった。
(amazon.co.jpより)


刃向かうもの、面従腹背のものはことごとく抹殺。
くじ引き将軍が築く屍の山。
まさに万人恐怖
足利義教。
室町幕府第6代将軍。
4代将軍義持、5代将軍義量の相次ぐ死により、
4人の兄弟の中からくじ引きで将軍に。
対立していた鎌倉公方足利持氏を討つとともに、
有力守護一色義貫、土岐持頼らを暗殺。
将軍直属の軍事力を整備し、幕府最盛期を築く。
しかし、強権すぎる彼の施政に反発は強まり・・・

豪腕っぷり、最期の華々しさから歴史上好きな人物の一人。
ただ、彼を主人公にした小説など皆無。
是非読んでみたかったところを岡田秀文が小説化。
積んである本がさばけたら読むことにしよう。

ホントは宇月原清明に小説化して欲しかったんだけどな。
ワンマンの背景にキリスト教(まだ伝来してないけど)の影響や、
暗殺の背景に外道の術者や忍びを配してエンターテイメント作品に。
播磨国に魔術に必要な遺跡だか鉱物だかを設定、
そこから赤松満祐がストーリーに絡んで・・・
ってスゲー面白くなると思うんだけど・・・

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:ヘンな本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/339-e8eba763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

軍事等々

日本では日本書紀の記述する時代から使われている。鎌倉時代以降は、征夷大将軍しか任命されなかったため、征夷大将軍の略称として通用された。将軍の敬称は時代にもよるが、一般的には公方様、御所様、上様などといい、隠居した前将軍を大御所という。1867年(慶応 (元号)|
[2007/04/04 02:47] 軍事等々

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する