ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍法水滸伝
★★★☆☆
著者:戸部新十郎 出版社:祥伝社(全2巻)
上巻⇒定価:860円 出版年月:2000年7月 ボリューム:245P
下巻⇒定価:900円 出版年月:2000年9月 ボリューム:307P

大坂城炎上の深更、薦包みを積んだ小舟が淀川を下った。
乗るは甲賀忍者紀ノ一貫。舟は船霊に守られた怨念船である。
やがて瀬戸内に至り、暁天の光の中、薦を割って出たのは、
五三ノ桐の紋を絹の小袖に透かした高貴な人物―
右大臣豊臣秀頼であった!
落城の折りに自害したはずの彼がなぜ…。
西へ落ちる秀頼を追うは、徳川の命を受けた伊賀の長・服部半蔵。
秀頼を守るは甲賀と組んだ真田の勇士たち。
秘法VS.秘法の激闘が開始された…。
秀頼の薩摩落ち伝説を描く不朽の長編時代伝奇、ここに新装刊。
(amazon.co.jpより)


伊賀忍軍&柳生衆vs真田十勇士。
伝奇ファンなら見逃せない、術と技のぶつかり合い。
豊臣秀頼は生きていた!
彼を守り西国、南蛮へ落ち延びようとする真田の残党。
それを追うのは、公儀の手の者。柳生、服部・・・
西日本をまたにかけた忍術合戦の行方は。

下巻では、島原の乱に揺れる九州が舞台。
十勇士、あるいはその子を連れ、再来した秀頼。
開聞岳に本拠を構え、
蜂須賀、細川、木下、豊臣恩顧の大名に使いを送るその真意は。

大胆な構図、モーゼの3宝など、設定の妙が生きている。
でも、スゴイのはやっぱり忍法合戦。

男を蕩かす忍法なめくじら。かけられた男は精液を出し続け死に至る。
触れたものを破裂させる忍法金剛の掌。
南蛮のトランプ魔術、竜を食らう怪鳥カルラを操る魔法、
外道の技のオンパレード。

極めつけは服部半蔵。
「隠没」し、この世の者ともあの世の者とも知れぬ忍びの大家。
殆ど喋らずに圧倒的な存在感を示す秀頼もスゴイ。

伝奇の妙がここに凝縮している。

amazon.co.jpでcheck! ⇒    
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/341-6f509547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。