FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

バキ外伝疵面-スカーフェイス(1)(by板垣恵介)
評価:★★★★☆
著者:板垣恵介(イラスト:山内雪奈生)出版社:秋田書店
定価:580円 出版年月:2005年8月

大ヒットコミック『バキ』外伝ついに登場!! 
『バキ』登場キャラの中でも圧倒的な人気を誇る、
日本一の喧嘩師・花山薫。
無敵の拳を持つこの男の「男を魅せる男の美学」が全面展開!!
(amazon.co.jpより)


本編より格段に面白いよ、この外伝。









ウィスキーのビンを捻じ切り、
監獄の鉄扉を殴り破る。


サイズ、醸し出す存在感においてバキを圧倒していた花山。
主人公になったことで鬼に金棒状態。

自分も相手もボロボロ、血塗れになる花山流喧嘩!

1巻は噛ませ犬のザコ相手の肩ならしで終わりましたが、

次巻以降、山手線を破壊する男、レックスとの闘い・・・
超人級の腕力をもつ両者のぶつかり合い、
スンゴイことになりそうです。

しかも!
外伝になって自由が効くようになったためか、
旧来の板垣スタイルの良いところが復活しています!

ボクが注目したいのは、味のあるチョイ役の登場。
特に、「第四撃 一からっ!!」のメシ屋のオヤジ。

「いつもの」という花山のオーダーにオムライスを差し出し、
対価として出された1万円を平然と受け取ります。
しかも、その後、店内で展開される花山と上田のやり取りにまったく平常心。
平然と皿を洗い続けます。
まるで
「おらぁ、こんな光景、何度も見てきたよ。
バカが花山の若相手にいきがりやがって。
まったくしょうがないねぇ。」

とでも言わんばかりです。

振り返れば、『グラップラー刃牙』には、
魅力的なチョイ役・噛ませ犬が天に瞬く星のごとく登場しました。
『バキ』に魅力的な噛ませ犬が出てこないこと、つまらなさを考えると、
チョイ役・噛ませ犬の魅力こそ
板垣マンガの本質

なのかも知れません。

とにかく、次巻に期待のマンガです。
そろそろ半年になるし、早く2巻出ないかなぁ。

⇒ 『バキ外伝疵面-スカーフェイス(2)のレビュー』
スポンサーサイト



テーマ:オススメ漫画 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/35-8f9e80f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する