ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異形武夫(by高橋直樹)
評価:★★★☆☆
著者:高橋直樹 出版社:新潮社
定価:1680円 出版年月:2001年4月 ボリューム:248P

国家が分裂し、日本史上未曾有の混沌に陥った南北朝時代。
混迷の時代の闇を斬り割くのは、武力か知力か。
常識外れの野望と智謀で天下の騒乱に終止符を打とうとした三傑を
兼好法師「徒然草」の警句をちりばめて描く。
(amazon.co.jpより)


正成、忠顕、師直、
哀しくて切ない武者たちの散り様。







日本列島、麻の如く乱れる南北朝時代が舞台。

身体的能力に恵まれ後醍醐天皇の側近として頭角をあらわすも、
結局、公卿にも武士にも受け入れられない千種忠顕。

悪党という出自に縛られ、抜群の智謀を活かしきれない正成。
英雄的な最期が強調されることが多いですが、
実は彼、生きていく事に疲れてしまったのでは。

戦略戦術に長け、楠木正成とも互角に渡り合うが、
足利家執事としての枠に縛られる高師直。

人の心にドカドカ踏み込む師直と一癖も二癖もある兼好法師の掛け合い、
お互いの能力を知る師直と正成の虚虚実実のやり取りがたまらない。

皆、己の才覚を頼りに乱世の龍たらんとするも
出自や持って生まれた分を越えられない。
遠く離れた時代にモチーフをとりながら、
彼らの足掻きがリアルに伝わってきます。

文庫化、切望。

⇒ 『大友ニ階崩れ』のレビュー
⇒ 『鎌倉擾乱』のレビュー
⇒ 『亀田大隈』のレビュー
⇒ 『黒い風雲児』のレビュー
⇒ 『戦国啾啾』のレビュー
⇒ 『天皇の刺客』のレビュー
⇒ 『天魔信長』のレビュー
⇒ 『山中鹿之助』のレビュー
⇒ 『闇の松明』のレビュー
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/36-bb133ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。