FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

影風魔ハヤセ(1)・(2)
★★★★★
著者:森田信吾 出版社:講談社
1巻→定価:530円 出版年月:2005年9月
2巻→定価:530円 出版年月:2006年3月

信長VS.秀吉!!! 
その陰に忍者あり。
天正10年、本能寺炎上。
未だ謎に包まれているこの歴史的大事件の裏には、
ある男達の暗躍があった。
名前も姿も闇に包まれ、
忍びの者たちからもその存在を恐れられる彼らは、
玄忍者(くろしのび)と呼ばれた……。
戦国の世を舞台に、忍者VS.忍者の壮絶な戦いの幕が上がる!!
(amazon.co.jpより)


やべー、この忍者マンガ面白すぎる!!!
忍びを欺く、忍びを殺す、
超人の中の超人、玄忍者。
戦国に咲く異形の徒花です。

彼らが巻き込まれる戦国最大のミステリー、本能寺の変。
信長は生きていた!!!

自身の暗殺を謀った秀吉への報復のため、
再起を期す信長。
秀吉に嵌められながら死地を脱する光秀。
既に「死人」となった彼らが
天下人秀吉相手にどんな戦いを見せるのか。

そして信長の隠し子(?)影風魔・ハヤセ、
彼らの戦いにどう絡んでいくのか。

迫力ある戦闘描写、
飛び加藤、蝉丸、外道を極めた忍びたち。

登場する武将たちも凄みと人間力に溢れる。

細けぇことじゃの!
信長の武将時代から更にパワーアップした政治力&人たらし。
天下人の器を磨き上げていく秀吉。

死んだと思っていた信長の登場に
再び「生きる意味」を見つけ出す滝川一益。

こんな面白い忍者マンガ、戦国マンガ、
今まで読んだことありませんっ!!!
絶対オススメの逸品マンガ!!!

amazon.co.jpでcheck! ⇒    
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/360-a3b32b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

壮絶なる忍術合戦! 『影風魔ハヤセ』第2巻

森田信吾氏の忍者匁『影風魔ハヤセ』の第2巻を読みました。先週買ってましたが、やっと感想でも。 『影風魔ハヤセ』第2巻 (森田信吾。講談社。イブニングKC。2006年。514円) 「打って出たハヤセたちだが、新たなる忍者・海士(あまと)によって山王ともども逃げられ
[2006/05/01 04:27] クワルナフ・ブログ

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する