ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V for Vendetta(V フォー ヴェンデッタ)
★★★☆☆
監督:ジェイムズ・マクティーヴ 公開年月:2006年4月
出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、ジョン・ハート

独裁国家と化した近未来の英国。
夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、
街角で危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男に救われる。
不正と暴虐にまみれた政府転覆をはかるVは、
手始めに中央刑事裁判所を爆破。
国の圧制を糾弾し、
11月5日のガイ・フォークス・デーに国会議事堂前に集結するよう
市民に呼びかける。
その一方で自分自身の怨念を晴らすため、有力者を次々と殺していくV。
そんな彼と出会ったことで、イヴィーは人生を大きく変えていく。
(goo映画より)


うーーんん、難解な映画だ
微笑みのテロリスト、V。
スタイリッシュに激しく、狂気を感染させながら
政府要人を暗殺、重要拠点を爆破。
仮面の下の素顔は・・・
性別は・・・
過去は・・・

最後の最後まで、Vとは誰(who)なのか、
何(what)なのかを考えさせてくれます。

戦慄の映像美(マトリックスよりカッコイイ!)もさることながら、
シェークスピア、『岩窟王』といった古典のエッセンスも満載。
一つ一つのセリフ、行動に深い意味がありそうで
ついつい引きこまれて見てしまいました。

そして、圧巻のエンディング。
↑の問いに対する製作者側の回答。
納得いかない人もいるかもしれませんが、ボクには満足の終り方でした。

以下、全く意味不明だったこと(ネタバレ、反転)

V、やっぱり完全なキ○ガイなのでしょうか。
いくら何でもイヴィーを1年近く監禁するなんて。。。
完全にイッちゃってますよねぇ。
しかも、その後、イヴィーの髪が伸びてない。
最初はイヤイヤのボウズスタイルも、
続けるうちにハマッちゃいましたって設定なのだろうか。
いずれにしても変てこりん。

スポンサーサイト

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/364-16487572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。