ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バキ(by板垣恵介)
評価:★★☆☆☆
著者:板垣恵介 出版社:秋田書店
1巻⇒定価:410円 出版年月:2000年1月

その強さのため、闇に隠れし最強の死刑囚5人。
脱獄し、東京を目指す。
彼らの目的は刃牙と闘うコト!
(amazon.co.jpより)


『グラップラー刃牙』の続編。
地下闘技場のone night carnivalを越えられるか、死刑囚。







当初のコンセプトは、
地下闘技場トーナメントで「格闘者として」十分強いことを示したバキらに
極悪死刑囚をぶつけ、
「なんでもありの闘い」でも格闘者が強いことを示すことだったと思われる。
このコンセプトは、ドリアン戦ぐらいまでは機能。
武神・愚地の拳は切り落とされ、猪狩はボコボコにされる衝撃的な展開。

しかし、その後、何が何だかわからない展開に
死刑囚バトルはほったらかしに、中国で天下一武道会開催
さらに、その武道会も途中からトーナメント戦ならぬチーム対抗戦へ。
大将の勇次郎VS郭海皇戦もよく分からん結末。
最終的には、モハメド=アリもどきのジュニアが登場。
さんざんひっぱたわりに謎の結末。

まさに迷走
『グラップラー刃牙』の遺産を食い潰すだけの極道息子です。
いい加減、物語にピリオドを打った方がいいように思われる。
外伝のほうがおもしろくなりそうだし。

ただ、『グラップラー刃牙』では気づかなかった読者にも
しっかりと気づかせてくれました。

主人公バキが出てくると、
とたんに話がつまらなくなることを

スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/37-59192a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。